MONO TRENDY

Bizギア・フラッシュ

PCもしっかり収納 仕事で使える軽快トートバッグ 気分一新! 春の新作&軽快ビジネスバッグ

2019/4/8

デザインはカジュアルだが、内部に15インチPCまで入るPC収納を搭載。収納部の裏地に起毛素材を用いるなど、同社のバッグらしい配慮が見受けられる。多彩な内ポケット、ペットボトルを立てたまま入れられるボトルホルダー、小物収納に便利なファスナー付きフロントポケットを備え、機能面はビジネスシーンにしっかり対応する。

PC収納部は裏起毛。インケースらしい配慮のある作りとなっている

開口部はスナップボタン式。中身を見えないようにすると同時に素早く出し入れできる。ハンドルは肩かけしやすい長さに設計してあり持ちやすい。必要十分な機能を備えながら、わずか約300gという軽さを実現。バッグはPCや書類など荷物を入れて持つもの。バッグ自体が軽いのは大きなアドバンテージとなる。

「2月中旬の販売開始から好調に売れています。発売以来、(インケースの)トートバッグのなかで販売数は1位です」と話すのは、ストリームズジャパンのインケース広報PR、青山加奈氏。20~40代男性のオンオフ兼用バッグとして支持されており、比較的カジュアルな服装で働くクリエイターから好評だという。

■ポーター/上品デザインなうえ高機能

ポーター「PORTER VIEW/トートバッグ(L)」(3万1000円) サイズ:幅38×高さ35×厚さ16cm。重さ:1065g

「ビジネスシーンでもリュックやトートバッグを使うことが定着。その上で、最近は薄マチや軽量化など機能面が向上するだけでなく、素材のバリエーションも豊富になり、デザイン性も高くなってきている」と話すのは、吉田カバン広報部マネージャーの阿部貴弘氏。バリエーションが増え、ユーザーの職種やファッションの傾向に合わせて、ビジネスバッグを選びやすくなっているというわけだ。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
NTTドコモが店頭の看板から「ドコモ」を消したワケ
日経クロストレンド
日本初「カチッと鳴る」歯ブラシ ライオンが開発
日経クロストレンド
日本電産・永守重信会長 最後の大仕事は大学
日経クロストレンド
30代前半で世帯年収1000万超 好きなブランドは?
ALL CHANNEL