出世ナビ

人事に聞く

GAFAに人材流出防げ NTTコムの新キャリアパス NTTコミュニケーションズの山本恭子ヒューマンリソース部長

2019/3/27

――どうしたら負担を減らせますか。

「たとえば、勤怠管理の負担は結構重いと思っています。リモートワークやフレックス勤務も増えて管理が大変になっています。それを解決するため、当社の人工知能(AI)を使ったチャットボット(自動応答システム)をつくり、今年の春からいくつかの部門でやろうと思っています」

「スマホでアクセスすると『何時に出勤しましたか』『残業の理由を下記から選んでください』などと聞いてくるので、それに答える。それだけで出勤簿の記録や残業申請などが完了するシステムです。上司には自動的に『この人はもうすぐ組合協議対象の残業時間に達します』『この件がまだ承認されていません』といった通知が入るので、承認漏れも防げます。こういう細かい積み重ねで負担を軽くしていきます」

■組織活性化、ラグビー部も職場「乱入」で一役

――会社のラグビー部「シャイニングアークス」の部長も兼ねているとか。人事の仕事とつながりますか。

「最近は、積極的にチームと職場のコラボレーションをしています。2018年には『押しかけラグビー』という企画を始めました。職場に突然、ラグビー部員がわーっと入っていって、社員にボールをパスしたり、体を動かしてもらったりするんです。割と反響があってNTTファシリティーズやNTT西日本営業部などにも呼ばれて行きました」

「体を動かすのは健康経営につながりますし、そういうイベントがあれば会話が生まれるじゃないですか。雰囲気を動かすというか。ラグビーチームは我々の会社の財産です。試合に勝つのも大事ですが、チームの価値は何かと考えたときに、会社組織への貢献も必要だという議論になり、メンバーが考えた企画です」

「こういう活動を冷ややかに見ている人もいると思います。一生懸命仕事をして稼いだお金をチームにも使っているわけですから。でもこのチームがあることで会社を誇りに思う気持ちが生まれたり、子供を試合に連れて行けたりするということもある。仕事ではない場面で何か補ってくれているのかなと思っています」

(安田亜紀代)

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


人事・労務・法務の基礎知識を身につける講座/日経ビジネススクール

日経ビジネススクールは、グローバルにビジネスを推進し、
社会に変革と活力をもたらす人材を育成します。

>> 一覧はこちら

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL