powered by 大人のレストランガイド

焼肉トラジが日本流ステーキハウス 黒船米国式に挑戦

「T’s STEAK HOUSE」のカルテットステーキは4種類の肉が食べられる
「T’s STEAK HOUSE」のカルテットステーキは4種類の肉が食べられる

ニューヨークスタイルと呼ばれるステーキハウスが人気を集めている。赤身の肉を分厚く切り分け、こんがりとオーブンで焼き上げて提供するところが多い。インテリアは高級志向で、従来の焼肉店より客単価が高い。東京では銀座、六本木に相次ぎ開店しており、本場で人気のウルフギャング・ステーキハウス、ベンジャミンステーキハウスはすでに日本に進出、老舗のピータールーガー・ステーキハウスも2020年までに出店する計画がある。日本勢では焼き肉業界から、焼肉トラジなどの飲食店を展開するトラジ(東京・江東)が2月、恵比寿にニューヨークスタイルのステーキハウス「T’s STEAK HOUSE(ティーズステーキハウス)」をオープンした。さっそくトラジのステーキハウスを訪ねた。

高級感のあるインテリア

店のエントランスで出迎えるのは、シャンデリアのようなクリスタルの装飾だ。真下に正方形のカウンターがあり、盛りつけや飲み物のサービスに使う。客席への目隠しを兼ねていて、右側の厨房を横目に客席へと案内される。トラジが経営しているが、焼き肉のイメージは全くない。ゴールドと黒を基調とした店内は高級感があり、肉の香りがしなければ、銀座のクラブにいると錯覚しそうだ。デザインを手がけたのは、ホテルの内装や店舗デザインなどで有名な橋本夕紀夫氏。ニューヨークそのものを意識したというより、高級感と居心地の良さを両立させ、橋本氏らしい独特の雰囲気を醸し出している。

焼き肉の老舗らしさを感じさせるメニューが「カルテット」(2人前1万6000円~、税別)で4種類の肉を一皿に豪快に盛り合わせたものだ。

「ステーキハウスはどうしても、たとえばサーロインステーキのように、1つの部位の肉を食べることになってしまう。焼肉店を展開する当社としては、いろいろな部位を楽しんでもらえるようにしたかった」(梅松大輔ジェネラルマネージャー)と、ラインアップした理由を説明する。値段は高めだが、和牛サーロイン、US熟成サーロイン、US熟成ハラミ、骨付きラム4種類が入っており、ボリュームも考え合わせれば、コストパフォーマンスは決して悪くない。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド