大人の女の働き方説く 有楽町でなぜかロングセラーに三省堂書店有楽町店

「良心の代弁者になっていないか」「社内政治を無視していないか」「男性上司を父親のように見ていないか」……。101のチェック項目はもっとも基本的な仕事(試合)のすすめ方に始まって、行動の仕方、考え方、自分の売り込み方、話し方、自分の見せ方、対応の仕方と微に入り細をうがつ。

店頭販促(POP)効果もあり、さらに100冊売り上げを伸ばした

著者のフランケル氏はビジネスコーチングの草分け的な女性コーチなだけに、豊富な実例で各項目で示した言動をとったときに起こった状況を例示する。その上で行動を変える指針となる「あなたへのアドバイス」を箇条書きで示していく。冒頭には自己診断するテストがついており、その結果に基づいて対応する章を読めるようになっている。巻末には記入式のステップアップのための計画表までつく。

ギフト需要も

同書店では、2千冊突破を記念して女性関係の本を並べた平台に4冊並べて平積みにした。すると、先々週はベストセラーランキング9位に、先週は6位に入り、一気に2100冊を超えた。「贈り物として買っていく人も多い」(岡崎さん)という。1列はギフトパッケージにしてあり、その効果が出ている。

それでは先週のベスト5を見ていこう。

(1)社長のお金の基本三條慶八著(かんき出版)
(2)精神科医が教える3秒で部下に好かれる方法伊藤直著(文芸春秋)
(3)一生お金に“嫌われない”生き方江上治著(PHP研究所)
(4)FACTFULNESSH・ロスリングほか著(日経BP社)
(5)メモの魔力前田裕二著(幻冬舎)

(三省堂書店有楽町店、2019年3月11~17日)

1位は経営アドバイザーが、会社をつぶさないお金についての考え方、使い方、集め方をまとめた本。2位は精神科医が部下を元気にする方法を説いた管理職向けの本だ。3位の本は、ファイナンシャルプランナーの著者が、収入多様化の方策を伝授し、生活を充実させるすべを語る。『FACTFULNESS』『メモの魔力』の2強は4位と5位に並び、店頭での勢いは衰えていない。

(水柿武志)

ビジネス書などの書評を紹介
注目記事
ビジネス書などの書評を紹介