WOMAN SMART

ライフスタイル

断捨離でおしゃれに 1年着ない服は手放すのが鉄則

日経DUAL

2019/4/4

クローゼットはパンパンなのに着る服がない(イラストはイメージ=PIXTA)
日経DUAL

「クローゼットはパンパンなのに着る服がない」「育児と仕事に追われて、服のことを考える余裕がない」「断捨離したいけど、捨てるべきものが分からない」――。ワーキングマザー(ワーママ)によくある悩みではないでしょうか。「クローゼット向上委員会」という名称で、多くの悩める女性の個人コンサルティングを行っている「ミランダかあちゃん」こと輪湖もなみさん。おしゃれのコツは量(服の数)ではなく、質だという。毎日の服選びが時短になり、かつ楽しく、自分に自信が持てるようなワードローブづくりについて、輪湖さんに聞きます。

■クローゼットに服がぎっしり、でも「着る服がない」と毎日悩む

日経DUAL編集部(以下――) はじめまして。ミランダかあちゃんさんは、「クローゼット向上委員会」という名称で、個人のクローゼットのコンサルティングをしているのですよね。

輪湖もなみさん(以下、輪湖) そうです。自分のクローゼットを「どうにかしたい」と悩んでいる女性は本当に多いです。自宅に伺って、ワードローブを拝見し、解決したい悩みを聞いて、手持ちの服でコーディネートを組み立てたり、仕分けして捨てたり、一緒に買い物したりもしています。これまで何百件と見てきましたが、皆さんやっぱり悩みは似ています。書き出してみると、こんな感じでしょうか。

よくある悩み
・クローゼットに服がぎっしり入っているのに「着る服がない」と毎日悩む
・毎日、組み合わせを考えるのが面倒
・断捨離したいけど、捨てるべきもの、残すべきものが分からない
・トレンドをどれぐらい取り入れるべきなのか迷う
・いつも無難な組み合わせが多く、気が付くと「ジミーちゃん」に

―― どれも、すごくよく分かります。育児や仕事に忙殺されていると、毎日の服選びがもはや楽しみではなく、つらいことだと感じてしまっているワーママは多いと思います。

輪湖 子育てしながら働いている女性はとにかく忙しいですよね。私もかつてそうだったのでよく分かります。新卒入社したアパレル企業で妊娠出産を経験し、0歳代から保育園に子どもを預けて復帰しました。

―― ワーママの先輩ですね。

輪湖 アパレル企業勤務なので、トレンドの服を着なくてはならないというプレッシャーはありつつ、当時は今みたいな、おしゃれな抱っこひももなかったので、おんぶひもをバッテンにかけて、毎日必死でした。でも今や娘は大学生になりました。子どもが小さいときは、自分のことになかなか手が回らないものですが、「いずれ皆さんも楽になる日が来ますよ」と声を大にして伝えたいです。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
中田敦彦 成功者をまねてみると「自分軸」が見つか
日経DUAL
ECC取締役が時間テク伝授 パパママ現場リーダーへ
日経ARIA
真矢ミキが実践 40代で自分年表を書いて自己分析
日経doors
SNS6つ、15アカウントを駆使 Z世代の現役大学生
ALL CHANNEL