WOMAN SMART

ヘルス

40代以降の不正出血、続けば受診 定期検診も受ける その出血は本当に月経?(中)

日経ヘルス

2019/4/8

写真はイメージ=PIXTA
日経ヘルス

月経周期が乱れたり出血量が増えたりするのは、更年期によくある症状だ。前回「40代以降の不正出血 ホルモン分泌変化が原因かも」に引き続き、2回目は子宮がんや子宮内膜症など病気による不正出血について解説する。

◇  ◇  ◇

更年期には、月経の乱れや不意の出血がしばしば見られるが、不正出血は病気のサインでもある。「どのように月経が変わっていくかは、人それぞれ。不正出血を更年期や閉経周辺期の特徴と思い込み、病気を見逃さないように」と、福島県立医科大学附属病院性差医療センターの小宮ひろみ教授は注意を促す。

どんな病気が原因になるのだろうか。「性交渉で出血したり、少量の出血なら、子宮頸管ポリープや腟部びらんの可能性がある。年齢とともに月経血量が増えたり、頻繁に出血があるなら、子宮筋腫や子宮内膜症が疑われる。病気ではないが、40代前半までは妊娠や流産による出血も考えられる」と小山嵩夫クリニックの小山嵩夫院長。加齢によって妊娠しにくくなるといわれるが、年に数回は着床可能な卵子が排卵されることもあるため、40代前半は妊娠の可能性を除外しないほうがいい。

そして、この年代が最も注意したいのは子宮がん。「子宮頸がんは進行すると出血するようになるが、子宮体がんは初期でも出血する。出血中でも検査はできるので、続くようであれば早めに診察を受けてほしい。また、何も症状がなくても、普段から定期検診を受けておくことが重要」と小宮教授はアドバイスする。

婦人科では、内診や血液検査、超音波検査などをして診断する。検査で異常がなければ機能性出血と判断されるケースが多い。ホルモン値を測ってもらうと、更年期かどうかもわかる。

(グラフ作成:増田真一)
(イラスト:進藤やす子)

小宮ひろみさん
福島県立医科大学附属病院性差医療センター(福島県福島市)教授。1986年山形大学医学部卒業。山形大学医学部附属病院産婦人科などを経て2017年から現職。専門は、生殖内分泌、思春期、女性外来、漢方。同院漢方内科部長。
小山嵩夫さん
小山嵩夫クリニック(東京都中央区)院長。1968年東京医科歯科大学医学部卒業。同大学産婦人科講師、助教授を経て現職。更年期の患者の訴えに耳を傾ける診療を心がけている。NPO法人更年期と加齢のヘルスケア理事長。

(ライター:及川夕子、構成:日経ヘルス 中西奈美)

[日経ヘルス2019年4月号の記事を再構成]

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
25歳社長・酒向萌実が実践する「閉じない」働き方
日経DUAL
低学年夏のルール作り テレビやゲームの制限は
日経ARIA
吉田晴乃さん死去の前日、人生最後になった渾身の演
日経doors
吉種怜 遠回りキャリアこその太い軸、迷ったらGO
ALL CHANNEL