ノラボウ菜・東京ウド… 江戸東京野菜、個性で魅了

ノラボウ菜の塩漬けはシャキシャキした食感と濃い緑色の見た目が楽しめる(東京都中央区の天ぷら料理店「てん茂」で)
ノラボウ菜の塩漬けはシャキシャキした食感と濃い緑色の見た目が楽しめる(東京都中央区の天ぷら料理店「てん茂」で)

東京近郊で古くから庶民に親しまれてきた「江戸東京野菜」。復活の機運が各地で高まり、飲食店などでの食材利用も進んできた。濃厚な味わいと地域の歴史に根付いた野菜の物語が消費者に好評だ。江戸時代から栽培され、飢饉(ききん)を救ったノラボウ菜、宿場町だった内藤新宿の名産品だった内藤トウガラシなど49品目が認定されている。開催まで500日を切った2020年東京五輪・パラリンピックに向け、東京の魅力を伝える「おもてなし食材」としても利用が進みそうだ。

素材の味濃く、魅力を実感

「食通のお客さんから反応がいいですよ」。笑顔で話すのは、JR神田駅近くの天ぷら料理店「てん茂」(東京・中央)を営む奥田秀助さん。明治18年創業の老舗だが、十数年ほど前から江戸東京野菜を食材に使うようになった。

食材自体の味わいが濃厚で一般に出回る野菜とひと味違う。旬に応じて年間10品目ほどを豊洲市場(東京・江東)や都内の農家から仕入れているが、来店客からは「東京にこんな食材があったんだ」と評判は上々だ。

記者がてん茂を訪れた3月中旬には、ノラボウ菜の塩漬けと、東京西部で生産が盛んな東京ウドの天ぷらをコース料理(税込み9720円から)で提供していた。早速、記者も試食してみた。

まずは前菜に出すノラボウ菜の塩漬けだ。1センチほどに切り刻んだ茎を塩に数日間つけて仕上げる。口に運ぶと、漬物の定番となるハクサイに負けず劣らずシャキシャキした歯応えが印象的だ。ほどよい塩加減と緑色の濃い見た目の良さが食欲を駆り立てる。

メイン食材の東京ウドの天ぷらにも箸を伸ばしてみた。高温のゴマ油で揚げると臭みが消え、ほんのり甘いまろやかな味わいになった。コリコリとした舌触りも絶妙で、ウドの食材としての魅力を改めて実感した。

東京ウドの天ぷらはてん茂の自慢メニューの一つだ

地域貢献へつなげたい農家の思い

東京都三鷹市で江戸東京野菜の栽培に取り組む冨沢ファーム。「町おこしなど地域社会に貢献したい」(園主の冨沢剛さん)との思いで10年ほど前から栽培を始めた。ノラボウ菜、内藤トウガラシなど8品目を旬に応じて出荷する。記者が訪れたのは3月中旬の晴れ間。旬を迎えたノラボウ菜の初出荷に立ち会った。

MONO TRENDY連載記事一覧