スマホで撮るだけ 津田大介が見た服採寸アプリの実力

スマホで全身を撮影するだけで、服を着たままでも体のサイズが測れるBodygramを体験した津田氏。シャツを作るだけではない可能性を感じたという
スマホで全身を撮影するだけで、服を着たままでも体のサイズが測れるBodygramを体験した津田氏。シャツを作るだけではない可能性を感じたという

ジャーナリストの津田大介氏が気になるモノやサービスに迫る本連載。今回取り上げるのは、スマートフォン(スマホ)で全身を撮影するだけで、服を着たままでも体のサイズが測れるという採寸テクノロジー。実際に体験してみると、オーダーメードの服を作るだけにとどまらない、さまざまな可能性が見えてきた。

来日していた「Original Inc.」のジン・コーCEOに開発秘話や今後の展望などを聞いた

服の上からでも正確に採寸

米シリコンバレー発のベンチャー「Original Inc.」が、2018年11月に発表した採寸テクノロジー「Bodygram(ボディーグラム)」は、自分のスマホで体を撮影すれば、撮影データからAIが自動で体形を計測して、誤差1cm以内の正確な採寸をしてくれる技術だ。店舗に足を運ぶ必要はないし、ゾゾスーツのように専用スーツを着る手間すらかからない。

15年に設立されたOriginal Inc.は、オンラインで注文するオーダーメードシャツブランド「Original Stitch」を展開する企業。同社の最高経営責任者(CEO)、ジン・コー氏から聞いた設立のきっかけが面白い。シリコンバレーで働くエンジニアが「服を買いに行くのが面倒くさい」と嘆いていたのを見て、オンラインですぐに買えるオーダーシャツのビジネスを思いついたという。

服を買いに行くのが面倒くさいという人たちには、スマホで撮るだけでサイズが測れるBodygramはうれしいテクノロジーだろう。ただ今のところ、一般の人たちがスマホで利用できるアプリとしては公開されていない。BodygramはB to B(企業間取引)事業として、他社のアパレルサービスへ導入するために開発を進めているという。スマホアプリとして僕らが利用できるのはまだ先になりそうだが、その精度をコー氏の操作で実際に体験する機会に恵まれた。

スマホで撮影するだけで、服の上から採寸できる(Original Inc.提供)

計測は、身長・体重・性別・年齢を登録し、スマホで正面と側面から2枚の全身写真を撮るだけ。正面の写真を撮る際は、足を肩幅に開き、腕も30度ほど開く。これだけで、周囲の背景から被写体を自動で抽出し、肩幅や首回りなど全身16カ所の採寸をしてくれる。

計測時は正面と側面の写真を撮るだけだ

Bodygramの長所は、服を着たままでも体のラインを正確に採寸できることだ。撮影した写真をBodygramで見てみると、頭頂部から足首まで体の各所に赤いポイントが表示されている。各ポイントをつなぐ線が、服で隠れている体のラインになる。例えば、背中のポイントは服のラインより内側に表示されている。撮影した写真からAIが骨格を自動で検出して、服の厚みを考慮した体のラインを測ってくれるという。

撮影した写真には、体のラインを表す赤いポイントが表示されている

本当にそんなに正確なのか。Bodygramの精度を確認するため、メジャーを使って採寸してみる。

MONO TRENDY連載記事一覧