便秘がある人 死亡や心血管疾患のリスクが高く

日経Gooday

便秘を放置すると心血管系にも悪影響?(c)Manuel Faba Ortega-123RF
便秘を放置すると心血管系にも悪影響?(c)Manuel Faba Ortega-123RF
日経Gooday(グッデイ)

便秘がある人は、便秘のない人に比べて、死亡のリスクや心血管疾患(心筋梗塞、脳卒中などの心臓・血管系の病気)の発症リスクが高いことが、米国の退役軍人300万人以上を対象に行われた研究で示されました。

便秘と診断されていた人とそうでない人を比較

便秘に悩む人は多いものの、自然に改善することも多く、便秘自体は深刻な病気とは考えられていません。ただし、慢性化すると生活の質が低下し、社会参加が妨げられることもあります。

これまでにも、慢性の便秘と死亡や心血管疾患の関係を調べた研究はいくつか行われていましたが、一貫した結果は得られていませんでした。

今回、米国テネシー大学ヘルスサイエンスセンターの住田圭一氏らは、米国の退役軍人335万9653人(平均年齢59.8歳、93.2%が男性)の情報を分析し、便秘と死亡や心血管疾患の関係を調べました。

便秘の定義は、「医師から、30日以上の便秘薬の処方を、60~365日の間隔をおいて2回以上受けていた場合」、または、「60日を超える間隔をおいて、2回以上便秘と診断されていた場合」としました。

追跡開始時点で、7.1%(23万7855人)がこの定義を満たしていました。このうち、便秘薬を1種類使用していた患者は3.8%(12万8640人)、2種類以上使用していた患者は2.5%(8万3848人)でした。便秘と診断されていたものの便秘薬を使用していなかった患者は0.8%(2万5367人)でした。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント