日経Gooday

対象者を6.7年(中央値)追跡し、あらゆる原因による死亡、心臓の冠動脈が狭くなって起こる冠動脈疾患(心筋梗塞や狭心症)、虚血性脳卒中(以下、脳梗塞)[注1]の発生の有無を調べました。追跡期間中に59万7780人が死亡しており、6万8076人が冠動脈疾患を、6万3371人が脳梗塞を経験していました。

性別や年齢、抱えている病気、処方薬の使用、社会的な地位や経済状況など、分析結果に影響を及ぼす可能性のある要因を考慮した上で、便秘患者と便秘ではない人々を比較したところ、便秘患者では、便秘のない人に比べて、あらゆる原因による死亡、冠動脈疾患、脳梗塞の全てにおいてリスクの上昇が見られました(表1)。死亡リスクは12%、冠動脈疾患の発症リスクは11%、脳梗塞の発症リスクは19%上昇していました。

冠動脈疾患:心筋梗塞や狭心症(データ出典:Atherosclerosis. 2018 Dec 23;281:114-120.)

1種類の便秘薬を使用していた患者にも、2種類以上の便秘薬を使用していた患者にもリスク上昇が認められました。処方されている便秘薬の数が増えるほどリスクが高くなるという傾向は見られませんでした。

研究者たちは、「なぜ便秘患者にこうしたリスク上昇が見られるのかを調べるとともに、便秘に対する治療、たとえば運動、食事療法、プロバイオティクス[注2]の摂取や便秘薬の使用などが死亡や循環器疾患を減らせるかどうかを検討する必要がある」と述べています。

論文は、2018年12月23日付のAtherosclerosis誌電子版に掲載されています[注3]

[注1]虚血性脳卒中:脳の動脈が詰まって脳に十分な血液と酸素が行き渡らなくなり、組織の一部が壊死する病気。脳梗塞。脳や首の大きな動脈にアテローム硬化が生じて血管が狭くなり、そこに血栓が付着して生じるアテローム血栓性脳梗塞、心臓にできた血栓が血流によって脳や首の血管へ運ばれて詰まる心原性脳塞栓症、脳内の細い動脈が閉塞するラクナ梗塞などが含まれる。

[注2]プロバイオティクス:腸内細菌のバランスを改善することにより、体に良い作用をもたらす生きた微生物のこと。乳酸菌やビフィズス菌などが知られている。

[注3]Sumida K, et al. Atherosclerosis. 2018 Dec 23;281:114-120. doi: 10.1016/j.atherosclerosis.2018.12.021.

大西淳子
医学ジャーナリスト。筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益財団法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。

[日経Gooday2019年3月6日付記事を再構成]

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。


ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント