グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

食を旅する

ニシン飯寿司やサメなます… 滋味深い津軽の伝承料理

2019/3/23

北国の味つけは、濃くて塩辛い。青森県弘前市で伝承料理の保存に努める「津軽あかつきの会」の料理は、そんなイメージを優しく覆してくれる。放っておけば失われていく家族の味を保存しようと活動を続ける地元の女性たちに話を聞いた。

祝いの席に欠かせない酢ダコや、めんともち米で漬けた「ニシンの飯寿司」。かみしめるうちにゆっくりと、滋味深いうまさが膨らむ。「献立の多くは祖母が作っていたもの。近所の方々に聞いたものもある」と話すのは、会長の工藤良子さん(78)だ。

■年配の女性訪ねてレシピ聞く

会の前身となる活動が始まったのは1995年。工藤さんが地元の農産物直売所と施設内の農家レストランの管理を任されたことに端を発する。メニューの充実を図るため、年配の女性を訪ね、保存食や昔ながらのレシピを聞き取る地道な作業を重ねた。

農家に嫁いだ後も保育所に勤務していた工藤さんにとって、それまで大事だったのは「いかに手間をかけずに料理を作るか」。しかし、ちょうどその頃に体調を崩して仕事を辞めたことで、食と健康について改めて考えていた時期でもあった。

何でもすぐに手に入る現代の食生活に疑問を抱き、四季の恵みを生かした郷土料理の健やかさを知ることで、未来へと受け継ぎたいとの思いが湧いて来たという。

それが98年の津軽あかつきの会誕生につながった。当初の仲間は6人だった。「集合時間は朝5時。皆、農作業や家の仕事があるので、その時間ならおしゃべりを楽しみながら集まれた」

津軽では、冠婚葬祭や田植えなど農作業の節目で近所の女性たちがそろい、宴の料理を作るのが習わし。しかし、知恵の交換の場でもあったこの風習は、現代生活の中で失われつつあった。そんな状況のなか、会の活動に興味を持った女性が徐々に仲間に加わっていく。

会のルールは「無理をしない、休めるときは休む、家族が大事、限られた時間でもいい」。今では20代から80代まで会員は約30人に増えた。会の料理は事前に予約をすれば工藤さんの自宅で味わえる。春から夏にかけては山菜や夏野菜が主役。秋は山のキノコがふんだんに使われる。

グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL