女がときめく男の装い

大人の男も「かわいい」はあり 靴下でさりげなく ファッションディレクター 清水久美子

2019/4/7

四角四面のダンディーがイケて見えない時代です。とくに女性は、男性の完璧すぎる装いが苦手。「…すてきだな」とは思っても、どこかとっつきづらい印象を憧れと同時に持つものです。

けれどもそんなミスターダンディーが、実は大好物のシュークリームをほお張っている、勝手がわからぬコピー機の前でモタつく――など三枚目な貌を見せ、ちょっと照れ笑いなどする、なんてシーンに出くわしたら女性の心の扉は一気に観音開き。

「…お昼、お済みです…?」と、ご縁のコマをひとつ進めるかどうかの恋のシミュレーションを開始します。

<< 女心に効く「色っぽいメガネ」 場面に応じた4タイプ

■ちょっとおちゃめな一面が好き

そう、女性はみんな男性のちょっとおちゃめな一面が好き。洗練された雰囲気の中に、どこかかわいげなポイントが加わると途端に共感や親近感を覚え、がぜんとその男性に興味を持つものなのです。

そんなことを熟知しているのでは、と思うのがハリウッドスター、ジョージ・クルーニーのキャラクター設定。

ファッションセンスの良さでも注目された映画「オーシャンズ11」では、あえてボウタイを首からかけただけの、センシュアル(官能的)かつダンディーなタキシードの着こなしで全世界の女性のハートをワシづかみにしました。

けれどその一方で、カプセル式コーヒーマシン「ネスプレッソ」のCMでは三枚目キャラを好演。コーヒー一杯と靴を交換しちゃうなど、100%のダンディー路線だけでなく、おちゃめな面もさり気なくファンにご披露することで好感度を上げています。

スタイリッシュをベースに、一滴(ひとしずく)のおちゃめ。お人柄を語るファッションにおいても、このクルーニー的塩梅(あんばい)を意識すれば、東京・丸の内界隈(かいわい)での現生利益は計り知れません。

■一滴のおちゃめをどう仕込めばいいのか

では、どの角度から一滴を仕込めばいいのでしょう。まず考えられるのはネクタイでしょうか。動物柄や、お菓子柄などのモチーフは確かに大人の甘さの演出にぴったりではあります。ですが、そうしたネクタイほど「実はブランドもの」ということは、女性なら熟知していること。

おちゃめではありますが、目立つ分だけ「何か言わなきゃ…」というプレッシャーも少々感じさせやすいアイテムでもあります。そんなプレッシャーを与えずにもっとさりげなく、しかも確実に…となれば、オススメは、そう靴下。

パンツと靴の間からチラ見え程度のさりげない存在感、けれど意外に女性の視界には入るこのアイテムは、手っ取り早くおちゃめ感を取り入れるのに最適です。では具体的にどんな靴下が効果的なのでしょう。

Latest