powered by 大人のレストランガイド

タンメン専門に名店系屋台 東京・銀座ラーメン激戦区

「銀座たんめん」の「たんめん」
「銀座たんめん」の「たんめん」

今回は少し視点を変えて、「エリア」に焦点を当てる。そのエリアで訪問するに値する店舗を紹介させていただく。

というわけで、どのエリアにするか。ラーメン的に「今最も熱いエリアのひとつ」との呼び声も高い「東京・銀座」を指名することにした。

銀座は特にここ1~2年、おおむね1カ月に一度の頻度で新店が産声を上げているラーメン激戦区。銀座でオシャレなレストランでゆったりとした時間を過ごすのも良いが、たまにはラーメンに舌鼓を打つ、なんていう時間があっても良いのでは?ということで、「いかにも銀座」といった雰囲気ではない店をチョイスした。

銀座たんめん

<「たんめん」のみを真摯に提供。引き算を貫いたシンプルな1杯>

ロケーションは東京メトロ・東銀座駅から徒歩3分程度。首都高速東銀座出口を間近に臨む側道沿いにひっそりとたたずむ「銀座たんめん」は2019年1月にオープンした新店舗だ。

銀座界隈の飲食店事情に明るい方であれば、お気づきになるかもしれないが、この場所はレトロ喫茶「珈琲いしうす」の跡地。必ずしも喫茶店の情報に詳しくない私は「いしうす」の存在自体を知らなかったが、8時から17時まで営業する老舗喫茶だった模様。閉店し名残を惜しんでいる方もいるのではないだろうか。

麺のメニューは「たんめん」「たんめん大盛」とシンプル

今回紹介する「銀座たんめん」は屋号が示すとおり、タンメン専門店だ。3月中旬時点で、タンメン以外のメニューには手を広げず、店を入った左手にそびえたつ券売機のラインアップも「たんめん」(800円)、「たんめん大盛」(900円)以外はアルコール類(「缶ビール」「缶サワー」「缶ハイボール」)のみ、という潔さ。

私がこちらに足を運んだ夜間の営業時においても、タンメンを頼みながら2、3本の缶ビールを空けていくサラリーマンの姿が散見された。

さて、同店の「たんめん」は動物系素材から丁寧にだしを採った透明感のあるスープに白菜がうずたかく積み上がった、この上なくシンプルな装い。カウンターに丼が到着した瞬間から、モクモクと立ちのぼり眼鏡を曇らせる湯気に、「できるだけ熱々の状態で召し上がってもらいたい」という作り手の思いが伝わってくる。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド