談志が愛した幻の大ネタ 記念の独演会で初披露の幸せ立川談笑

国立演芸場は月例独演会のホームグラウンド(東京都千代田区)
国立演芸場は月例独演会のホームグラウンド(東京都千代田区)

「立川談笑月例独演会」という落語会を続けています。おかげさまで200回を迎えました。足掛けなんと19年。パチパチパチ! ということで今回は本業の落語。その裏話をちょこっとご披露しますね。

独演会とは、基本的にわたしひとりだけが出演する落語会です。会場は各地の公会堂などのホール。休憩を挟んで2時間ほどかけて、落語3席を存分にお楽しみ頂きます。都内はもちろん、名古屋、大阪、新潟、日本中あちこちで開催しています。ありがたいことです。

そんな中で「月例独演会」は格別な意味があります。落語家としての活動の軸足のようなものです。当初から標榜しているのが「落語初心者を爆笑させ、マニアをうならせる」、「まだ見ぬ落語の地平を切り開く」。どうです、この設定したハードルの高さったら。またこの「月例」つまり「毎月開催」というのがミソで。

「芝浜」「文七元結」「富久」といった大ネタを談笑版に調整したもの、「ジーンズ屋ようこたん」「シシカバブ問答」「叙々苑」などの古典改作の数々も、すべてこの月例独演会で生まれた大切な演目です。

ホームグラウンドは師匠と同じ

お手本にしているのが、師匠がやっていた「立川談志ひとり会」。お客様からすれば、寄席とは違って時間を気にせずたっぷりと談志の落語を堪能できる場でした。寄席定席からホールへと落語を楽しめるスペースが拡大した時代です。後に落語協会を離れて立川流落語会を興すと、談志にとって独演会は主戦場としての意味を持つようになりました。

そんな談志がながらく「ひとり会」を催していたのが、東京・半蔵門にある国立演芸場。いまは「立川談笑月例独演会」のホームグラウンドにさせて頂いてます。なんとも誇らしい。

エンタメ!連載記事一覧