「心理戦で相手動かす」 空手の植草さんが語る極意

2019/3/16
性格の自己診断は楽天的。「嫌なことが起きても自分がいけないからとすぐに切り替えられる」という
性格の自己診断は楽天的。「嫌なことが起きても自分がいけないからとすぐに切り替えられる」という

2020年東京五輪の新種目、空手で金メダルを狙う植草歩(あゆみ)さん(26)に身の回りのことなどを聞きました。今年1月にパリで開かれたプレミアリーグでは、女子組手68キロ超級で優勝しました。

1 2020年東京五輪で自分の空手のどこを見てほしい?

試合の中で駆け引きをして、心理戦で相手をコントロールしてポイントを取っているところです。

2 性格を自己分析すると。

楽天的。楽しいことが好きだし、試合の結果も引きずらないですね。嫌なことが起きても自分がいけないんだからとすぐに切り替えられる方です。

今年1月のプレミアリーグでは組手68キロ超級で優勝した(右、パリ)=全日本空手道連盟提供・共同
3 海外遠征で世界中を回っています。お気に入りの国や街は。

ドバイです。温かいし、きれいだから。オーストリアもきれいでいい国ですね。

4 インスタグラムを頻繁に更新しています。こだわりは。

見た人が「こいつ元気だな~」ってハッピーになれるように、ポジティブな言葉を載せるようにしています。

5 日本代表ではやっていることは。

お笑いコンビのアキナです。男子の先輩が見つけてきて、移動のバスで延々と動画を流したりまねしたりしてみんなで笑ってます。

6 日ごろから「きらきらしたアスリートになりたい」と言っています。理想のきらきらした人は。

石原さとみさん。かわいいけれどきれいで羨ましい。

7 自炊もするそうですが得意料理は?

親子丼。ごま油を使ったり、最後に入れる蜂蜜が隠し味です。栄養士さんから色々アドバイスをもらってます。

8 テンションを上げたいときに聴く曲は。

May J.さんの「Garden」。アップテンポだし、最近は世界大会の時などもずっと聴いています。

9 空手以外の競技で仲のいいアスリートは。

帝京大柔道部OGの玉木聖子さん。すごく明るくて一緒にいてパワーをもらえる。

10 最後に空手の魅力を一言。

突き、蹴り、投げと技が多彩で、スピーディーで目を離すことができない競技です。相手を重んじる精神性も感じてもらえれば。

植草歩
2016年世界選手権優勝。18年全日本選手権で史上初の個人組手女子4連覇。JAL所属。26歳。