トラベル

九州 味めぐり

肉・野菜・ワイン…「超」健康志向の仏料理 福岡・西新 仏料理「コキンヌ」

日本経済新聞西部夕刊

2019/3/14

福岡・西新のにぎやかな商店街から離れた場所にある。県外企業の経営者や同業のシェフも訪れるというフレンチレストランでは「超」のつくほど健康志向を追求したメニューを提供している。

イラスト・広野司

「うちのメインは野菜」とオーナーの瀬戸利之さんは言い切る。8年前から糸島市の実家の農園で育てる最大約60種類の野菜は全て無農薬だ。

紫色のカリフラワーやトマトなどの色鮮やかな野菜マリネは、ほどよい苦みが魅力。糸島産レモンで作ったドレッシングの酸味や白菜の花のふわっとした甘みなど、1つの皿で味の変化を楽しめることがうれしい。「ドラゴンレッド」という赤いジャガイモや下仁田ネギなどで作ったスープはトロッとした口当たりでほっこりした気分になる。

肉料理の一番人気は、自家製ソーセージやベーコンを煮込んだシュークルト。キャベツや白菜を発酵させたザワークラウトの酸味が、肉の味のアクセントになる。

健康志向はワインも同じ。フランスの生産者から買い付けたワインなどを店で2千本以上寝かせ、「飲みごろ」になった時に白・赤をそれぞれ2~3銘柄ずつ出している。

「週に何回も食べたくなるような料理を作りたい」と瀬戸さん。食事制限をしている人も笑顔で料理をほお張る様子を見ると、うれしい気持ちになるという。シェフの真心もまたこの店の醍醐味だ。

(荒牧寛人)

〈こきんぬ〉福岡市早良区祖原3の4 電話092・846・8410

九州 味めぐり」では食べ歩きが大好きな地元在住のライターや日経記者が見つけた九州・沖縄のとっておきの味を紹介します。

トラベル 新着記事

ALL CHANNEL