セカオワがアメコミヒーローに マーベル、日本へ秘策

日経エンタテインメント!

『アイアンマン』『キャプテン・アメリカ』『アベンジャーズ』シリーズといった米マーベル・コミックスを原作とするスーパーヒーロー映画が、全世界でヒットしている。2019年は、マーベル・コミックスが創立80年を迎えるアニバーサリーイヤー。同社は、さらなる飛躍を狙い、世界、そして日本でも大規模な展開を計画している。17年からマーベル・コミックスで編集長を務める、C.B.セブルスキー氏に話を聞いた。

東京コミコン2018でのマーベル編集長・C.B.セブルスキー氏、右はDJ LOVE(C)Marvel Studios 2019
東京コミコンには、スタン・リー氏を追悼するブースが設置された。セブルスキー氏は「彼はスーパーヒーローのストーリーテリングにおいて、コミックだけでなく、マーベル全体に対して多大なる影響を与えました」

「まず年間を通じて、10年ごとに歴史を振り返るコミックを出します。昔のシリーズやキャラクターの紹介はもちろん、かつて活躍したクリエーターにも新たなストーリーに携わってもらう計画です」

マーベルといえば、スパイダーマンやアイアンマンなど数々のヒーローを生み出したスタン・リー氏が18年11月に亡くなり、全世界にショックが広がった。

「実は初めて話をしますが、彼は亡くなる前に、最後に1つストーリーを残しているんです。詳細はまだお話しできないのですが、それを19年に発表する予定です」

日本人にとって、大きなサプライズもある。End of the Worldの海外名で活動する人気バンドSEKAI NO OWARI(以下、セカオワ)とコラボレーションして、コミック『End of the World』を製作したのだ。メンバーの4人がスーパーヒーローとして活躍する内容で、コスチュームはバンドのスタイルに沿ったもの。人気キャラクターのアイアンマンやハルクらとも共演する。実在するアーティストが、コミックの表紙を飾るのはKISS、THE FLAMING LIPS以来、3例目。さらに、アーティストが特殊能力を持つキャラクターとして登場するのはマーベル史上初めてだ。

「マーベルと仕事をしたいという話はたくさんいただきますが、だいたい宣伝目当てだったり、その理由も『マーベルはクールだから』ということが多いんです。でもそんななか、DJ LOVEさんをはじめ、End of the Worldのみなさんはマーベル作品に対する理解が深かった。また、Fukaseさんが『自身の欠点はここだ』と話すなど、ヒーローとしてよりも、まず人間らしさを大切にするマーベルを理解してくれていました」

カスタムコミック『End of the World』 2019年にまず英語版をアメリカで発売予定。End of the Worldは独自の試みとして、コミックを基にミュージックビデオを製作。その過程を追った全7話のドキュメンタリー番組『Re:IMAGINE』を「YouTube Premium」で配信する(C)Marvel Studios 2019
マーベル編集長・C.B.セブルスキー氏。日本の出版界で編集長は、通常1つの雑誌を担当するが、マーベルでは全てのコミックを統括する立場だ(写真:三川ゆき江)

映画もヒットの期待

セカオワとのコラボ以外にも、マーベルは日本での市場拡大に力を入れている。その1つが、2年前に講談社と設立した「マガジン『マーベル』マンガ賞」だ。「市場を成長させていくために、日本のマンガ家で日本人向けにストーリーを展開できる方を求めています」。

『キャプテン・マーベル』 マーベル史上、最も強いキャプテン・マーベルの活躍を描く。主役は『ルーム』でアカデミー賞主演女優賞を獲得したブリー・ラーソン(ウォルト・ディズニー・ジャパン)(C)2018 MARVEL

映画に目を向けると、19年はまず、マーベル初の女性ヒーロー単独主演作品『キャプテン・マーベル』が3月15日に公開。そしてアイアンマン、ハルク、キャプテン・アメリカ、ソーが卒業すると噂される『アベンジャーズ/エンドゲーム』(4月26日公開)も控える。前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(原題)』(18年)は興行収入37億円をあげて、日本でのマーベル映画最大のヒットとなっており、『~エンドゲーム』もヒットが期待できる。

「End of the Worldとの仕事には、映画やファッションだけでなく、コミックスも日本との距離が近くなればという思いもあります。19年は、マーベルにとって日本でのブレイクスルーの年になると確信しています」

(ライター 相良智弘)

[日経エンタテインメント! 2019年2月号の記事を再構成]

エンタメ!連載記事一覧