「損が気にならない」積み立て投資 振れ大きな投信でQUICK資産運用研究所 清家武

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

積み立て投資をする個人投資家が増加している。税制優遇制度を背景に、日本人の10分の1程度が実施している計算だ。一度の投資額が少ないため損得が気にならない点も見逃せない。一括で投資する場合に比べ、どのような特徴があるか。どんな投資信託が積み立て向きなのか。具体的な例を交えて見ていこう。

広がる積み立て投資、税制優遇も後押し

2017年1月から、個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」がスタート。確定拠出年金の対象者が、公務員や主婦などへ拡大した。個人型と企業型のDCを合わせると、加入者は800万人程度。DC専用の保険や預金で運用する加入者もいるが、DC加入者の多くは積み立て投資をしている。

18年1月からは、積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)も始まった。1年以上が経過し、つみたてNISAの口座数は100万を超えた。一般口座の積み立て投資の口座数は200万程度ある。ここ数年間のインターネット証券の台頭が大きい。DCの800万人とつみたてNISAの100万人、一般口座の200万人を合わせると、延べで1100万人が積み立て投資をしている。単純にいえば、日本人の10分の1は積み立て投資をしていることになる。

行動経済学でいうと、人間は資産運用に向いていない。人間は、投資でもうけたときの喜びより、損をしたときの苦痛のほうが3倍大きい(A)。これは、人間の脳の構造の問題だが、喜びより苦痛のほうが、記憶に刻み込まれるからだ。特に、日本人は農耕民族であり蓄えがなくなるリスクを回避する傾向が強いため、世界平均より投資で損をしたときに感じる苦痛が大きいようだ。

資産運用は修行ではない。苦しみながら運用すべきではない。積み立て投資なら、その問題をある程度解決できる。積み立て投資の場合は、毎月の1回あたりの投資金額が小さいため、「損をしている」「もうかっている」という感覚が小さく、気にならずに投資できる。この「気にならない資産運用」は、精神的な負担が軽く日本人に向いているといえる。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし