ヴァシュロン、和時計ヒントに65日間動く高級ウオッチ

2019/3/8

世界三大腕時計ブランドのひとつ「ヴァシュロン・コンスタンタン」は、2019年の新作腕時計として、「アクティブモード」と「スタンバイモード」を切り替えることで、連続駆動時間を伸ばすことができる機械式手巻き時計を発表した。

関連記事:「美」追う革新性がDNA 女性向け専用ラインを検討 ヴァシュロンCEOに聞く

「トラディショナル・ツインビート・パーペチュアルカレンダー」は2つのテンプ(一定周期の回転振動で時計の精度を保つ部品)を搭載、その振動数をアクティブモード(5ヘルツ=毎時3万6000回振動)からスタンバイモード(1.2ヘルツ=毎時8640回振動)に切り替えることができる。パワーリザーブ(連続駆動時間)はアクティブモードで4日間、スタンバイモードで65日間。

トラディショナル・ツインビート・パーペチュアルカレンダー 3200T/000P-B578 ケース:直径42mm、プラチナ、30m防水 駆動装置:機械式手巻き、パワーリザーブ約4~65日間 ブティック限定モデル 価格未定(2019年3月時点の税別予価:2310万円) 2019年秋以降発売予定

月による日数の違いやうるう年などを自動的に調整して表示する「パーペチュアルカレンダー(永久カレンダー)」は、時計が停止するとカレンダーも止まり、その再設定に手間がかかることが課題だった。

新たに開発した「ツインビート・システム」のヒントとなったのは、日本の江戸時代の和時計。当時の和時計は季節ごとの昼夜の長さの変化に対応、昼用と夜用の2つの棒テンプを備え、それらが自動的に切り替わりスピードを調整する仕組みとなっていたという。

ツインビート・システムの鍵を握るのはモード・セレクター。二択原理を採用、一度に動くのは一方のテンプに限られる。2つのテンプの切り替えが瞬時に行われ、移行中に遅延が生じないようになっている

関連記事:「美」追う革新性がDNA 女性向け専用ラインを検討 ヴァシュロンCEO

Watch Special 2020

日経電子版 NIKKEI STYLE Men's Fashion 「Watch Special 2020」では、注目の腕時計新作、最新トレンド、インタビュー、ビジネスパーソンのための腕時計基礎講座など、多彩なコンテンツを提供しています。

>> Watch Special 2020はこちら

夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash