マネー研究所

ポイント賢者への道

新社会人向けクレカ 還元率2倍など特典手厚く ポイント賢者への道(104)

NIKKEIプラス1

2019/3/13

写真はイメージ=PIXTA

4月から新社会人になるのでクレジットカードを作ろうという人も多いでしょう。カード各社は新社会人を取り込もうと、手厚い特典を用意する場合が多いです。初めて作ったクレカをそのまま長年使い続ける人が多く、特典にコストをかけても十分に採算がとれると考えているからです。

例えばJALカードが発行する「CLUB EST」は20代限定です。年会費が通常7000円(税抜)かかりますが特典は十分です。買い物時にたまるマイル数が2倍(100円につき1マイル)になるサービス(通常年3000円)が自動で受けられます。たまったマイルの有効期限が5年(通常は3年)と長くなるほか、国内線の航空会社ラウンジを年5回まで利用できます。これらの特典は30歳以降のカード更新時に終了となり、通常のJALカードの扱いとなります。

25歳までを対象とする「三井住友VISAデビュープラスカード」は、ポイント還元が通常の2倍(約1%)となり、入会後3カ月間は5倍(約2.5%)です。年会費は初年度が無料、2年目以降は前年に1回でも利用があれば無料です。26歳以降のカード更新時には年会費5000円のプライムゴールドカードに切り替わります(年会費が安いカードを選ぶことも可能)。ポイント還元率は0.5%となります。

このように若年層向けのクレカは一定の年齢になるとカードが切り替わり、特典内容が変わるので覚えておきましょう。ただ、JCBが新たに発行した39歳以下が対象の「JCB CARD W」はユニークです。ポイントは通常の2倍(約0.8~1%)で年会費は無料。40歳以降に更新時がきても継続できるのが特徴です。現行の規定上は39歳までに申し込んでおけば、40歳以降も2倍還元のまま使い続けられます。

菊地崇仁
北海道札幌市出身。1998年に法政大学工学部を卒業後、NTTに入社。社内システムやLモードの料金システムの開発などに携わり、2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。06年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。一般からプラチナまで、57枚のクレジットカードを所有。

[NIKKEIプラス1 2019年3月9日付]

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL