風景に溶け込む特急 西武「ラビュー」に乗ってみた南田裕介の変わる「鉄」を見にいく

 西武鉄道の「001系 Laview(ラビュー)」と南田裕介さん
西武鉄道の「001系 Laview(ラビュー)」と南田裕介さん

会社員なのに「鉄道好き」としてなぜか有名になってしまったホリプロの南田裕介マネージャー。彼が日々変わり続ける鉄道の現場をたずねる連載。今回は、新型車両を見学! 西武鉄道の池袋線・西武秩父線で3月16日から運行が始まる新型特急車両「001系 Laview(ラビュー)」の試乗会に参加しました。

現在池袋線を運行中の特急車両「ニューレッドアロー10000系」の後継車となるラビューのキャッチコピーは、「いままでに見たことない、新しい車両」。今までにない新しさとは、どんなものなのでしょうか。車体、運転席、客室などを南田さんが見学しながら、鉄道マンたちに取材をしました。

埼玉県・小手指にある西武鉄道の車両基地へ

南田裕介(以下、南田) (ラビューを目の前にして) おぉ、 先頭車のルックスは想像していたよりも丸い球面ですね。見たことがない形……!

平山ゆりの(息子の影響で鉄道好きになり始めた「浅鉄」ライター。以下、平山) 前面ガラスは曲線半径が1500mmと大きな3次元の曲面ガラスを採用しているとか。これは国内初だそう。丸みを帯びたラビューは、優しい印象を受けますねぇ。

西武鉄道沿線事業企画部の手老善さん(以下、手老) 既存の特急車両のシャープなカッコ良さを追求するのではなくて、「都市や自然の中で、やわらかく風景に溶け込む特急」がコンセプトの一つです。それを実現するため、前面ガラスは、曲面が全体の編成へと自然に連続するようにゆるいカーブのある断面になりました。

西武鉄道の特急車両001系 ラビュー(左)と、現行の10000系ニューレッドアロー・クラシック(右)。小手指車両基地にて。ラビューの車体にレッドアローが映り込んでいる

平山 そう、「風景と一緒になる特急」なんですよね。車体のシルバーは一般的なステンレス素材に見えるけど、アルミ素材の車体に塗装が施されているそうです。映り込み具合を意識した素材感を追求しているそう。

南田 なるほど。確かに、今止まっている車体には、隣に並ぶニューレッドアロー・クラシックの車体の色が映し出されている。「風景になじむ鉄道」とは、車体にその時々に走る風景が写るということなのか!

手老 連続して並ぶ大きなガラス窓も特徴です。現行のニューレッドアローの約1.5倍となる縦1350mm×横1580mmの大型窓ガラスを配置しました。乗車したお客様は沿線の風景を大パノラマで楽しめます。沿線を走る鉄道を外から眺める人は、乗車するお客様が額縁の絵のように映ることをイメージしています。

ラビューの特徴の一つは、大きなガラス窓。縦にも広いのが新感覚で、走行すると景色をライブ感たっぷりに味わえる

南田 「新しい価値観」といえば、「001系」とつけられた車両形式には、驚きました。初代レッドアローは5000系、ニューレッドアローは10000系。そこに連なる3代目ですから、ラビューは50000系と予測していました。それが001系とは! 

手老 鉄道ファンの方の中には、仮名称「50000系」としてすでに語っている方もいらっしゃいました(笑)。

平山 50000系か001系か。「新たな価値観」というほどの話なんですか。

南田 新しい概念ですよ。新車両が生まれた際につける形式は、前の形式が廃止されない限り、新しい番台をつけるのが慣例です。昨今は番台の数も「東武70000系」のようにインフレして、どんどん大きくなる傾向があったんです。それが、「1系」でもなく「001系」ですからね。全く予想できませんでした。

手老 001系は、「次の100年に向けた出発点である車両」であることを表現もしています。100年を逆から表し、「00」には「∞(無限)」の可能性の意味も込めています。

ラビューのロゴデザインを見て、「車体の印象と同じで、シンプルで洗練されている。主張しすぎないやわらかさがいい」と南田さん
MONO TRENDY連載記事一覧