大音量から耳を守れ ライブ専用の「耳栓」が広がる

日経エンタテインメント!

生の歌や演奏を聴くライブの場で、あえて「耳栓」を装着して楽しむ流れが徐々に広がっている。大音量によって、耳がダメージを受けるのを防ぐためだ。背景には親子でのライブ参加が増えたことなどがある。アーティストグッズとして販売されるケースも増えている。

ライブで貸し出すイヤープラグのサカナクション仕様パッケージ。耳に挿入する部分はスポンジ状で、カナル型イヤホンに近い装着感だ。サイズの合わない子ども用にイヤーマフも用意している。

サカナクションは2018年10月から開催中の全国ツアーで、観客に「ライブ専用イヤープラグ」の貸し出しを実施している。この耳栓はアーティスト用のイヤーモニター(以下、イヤモニ)などを製作する「FitEar」が、音楽と聴覚保護の両立をめざす活動「SAFE LISTENING」の一環として提供。音楽のバランスを損なうことなく、15デシベル(dB)ほどボリュームを下げることができるライブ専用の耳栓だ。

全国21カ所を巡るホールツアー「SAKANAQUARIUM2018-2019 “魚図鑑ゼミナール”」を開催したサカナクション。このツアーで、「FiTEar」のライブ専用イヤープラグを貸し出した。

「メンバーがFitEarのイヤモニを作った際、このライブ専用イヤープラグの存在を知ったことがきっかけ。来場者の聴覚保護につながることから導入に至りました」(サカナクションが所属するヒップランドミュージックコーポレーションの熊木勇人氏)

使用した来場者には「装着していてもちゃんと音楽を楽しめたと好評だった」(熊木氏)とのこと。今ツアーでは1公演あたり平均20人ほどの貸し出しがあるそうだ。なお、FitEarのイヤープラグは「LOUD PARK」や「SUMMER SONIC」といったロックフェスでの販売実績もある。

聴覚保護の動きが広がるのは、親子でのライブ参加が増えたことが1つの要因だ。18年7月にはASIAN KUNG‐FU GENERATIONの後藤正文が自身のブログで、最近はライブ会場で子どもの姿を見る機会が増えたこととともに、聴覚保護を呼びかけた。同時に、耳をカバーするヘッドフォン型のイヤーマフの着用を、入場時の確認事項に盛り込むことなどをアナウンスしている。また、ライブで親子限定の「ファミリー席」を設けることの多い倖田來未やももいろクローバーZなどの公演でも、数年前からイヤーマフの貸し出しを無料で行っている。

アーティスト自身が呼びかけ

「THUNDERPLUGS」はガチャガチャ形式や、ランドセルのように背負った販売員がフェスやクラブで歩きながら販売するなど(写真)、売り方もユニーク。

最近は大人が使用できるライブ用の耳栓を、アーティストがオフィシャルグッズとしているケースも目立つ。銀座十字屋が扱うオランダ発祥のライブ用耳栓「THUNDERPLUGS」は、17年にHi‐STANDARDや打首獄門同好会、18年にはキュウソネコカミといったパンクロックバンドが採用。アーティストロゴなどを入れたグッズとして販売している。

同社ディリゲント事業部の多良間孝紀氏は「打首獄門同好会のメンバーは、もともとライブ中に耳栓を使って耳を保護していました。聴覚保護はまったく悪いことではないのですが、アーティストに対して申し訳ないと感じてしまう人もいる。アーティストが積極的に働きかけることで、抵抗を感じる人も減っていくのでは」と話す。

こうした聴覚保護の動きは、海外だとすでに一般的なものだ。アメリカ・ミネソタ州ではクラブ、バーなどでの耳栓の無料配布を義務づけており、ヨーロッパでは92dB以上の音が出るコンサート会場で耳栓の配布を推奨。他にも、出せる音量の上限を法律で定めている国もある。人気アーティストの問題提起により、日本でもこの流れは強まることになりそうだ。

(ライター 小沼理[かみゆ])

[日経エンタテインメント! 2019年2月号の記事を再構成]

エンタメ!連載記事一覧