WOMAN SMART

ファッション

春トレンチ着こなし術 自在コーデで仕事に品格 宮田理江のおしゃれレッスン

2019/3/13

冷え込む春先にはトレンチコートが頼もしい味方に

冬が過ぎても、トレンチコートの出番は続きます。「花冷え」という言葉がある通り、春先は意外に冷え込みがち。この時期に頼もしい春トレンチは、仕事ルックにも普段着コーディネートにも重宝します。上手なスタイリングを手に入れて、オールマイティーに着回していきましょう。

■ワイドパンツ姿がすっきり

ここ数年で女性のワードローブにしっかり居場所を確保した感じのあるワイドパンツ。メンズライクな風情は、もともと軍装に由来するトレンチになじみます。ワイドパンツの上からトレンチを重ねれば、通勤コーデがりりしいトーンですっきり決まります。

裾をスカート風に遊ばせると、やわらかい着映えに

1851年に創業した「Aquascutum(アクアスキュータム)」は英国を代表する老舗ブランドのひとつ。マーガレット・サッチャー元首相が顧客だったことでも有名です。トレンチコートの原型とも呼べそうな防水コートを早くから手がけ、ヒラリーのエベレスト登頂でも登山隊が同社のコートで寒さをしのぎました。

正統派のトレンチだからこそ、自在の着こなしが試せます。たとえば、あえてボタンを留めずに、ゆるく打ち合わせて、ベルトでキュッと締めると、ウエスト周りに自然なしわが生まれ、細感を印象づけられます。妙に気負った見え具合を避けやすい点でも、取り入れる価値のあるアレンジです。

前を開ければ縦長シルエットが強調できる

前を開けて、しかもベルトをはずしてしまうという着方は、トレンチ特有のきまじめ感をやわらげてくれそう。内側に着たトップスをのぞかせて、ジャケット風にまとうと、春らしい軽やかさを漂わせる効果があります。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
成功体験を何回積んでも「自己肯定感」が低い人の心
日経ARIA
女子バレー中田久美監督 ロス五輪は「屈辱の銅」だ
日経doors
暗闇ボクシング爆速成長 経営者は20代塚田姉妹
日経DUAL
中学受験からの撤退 挫折感を持たせない方法は?
ALL CHANNEL