WOMAN SMART

ライフスタイル

自然を守るか、母になるか 映画『たちあがる女』 恋する映画 世界一男女平等なアイスランド女性の物語

2019/3/8

(C)2018-Slot Machine-Gulldrengurinn-Solar Media Entertainment-Ukrainian State Film Agency-Koggull Filmworks-Vintage Pictures

2017年に世界中で巻き起こった性被害を被害者が告発する「#MeToo」運動などのムーブメントの影響もあり、ここ数年ますます注目されている女性の強さ。そういった時代の流れは映画などにも反映されるところですが、そんななかアイスランドから届いたのは、恐れることなく困難に立ち向かう女性の姿を映し出した最新作『たちあがる女』。北欧ならではの大自然を舞台に、独特な世界観が全編にわたって繰り広げられています。すでに、ジョディ・フォスターの監督・主演でハリウッドリメークも決定しており、注目必至の話題作です。

主人公となるハットラは、音楽と自然をこよなく愛する女性。コーラスの講師として充実した生活を送っているものの、ハットラは環境破壊を繰り返す企業に闘いを挑む裏の顔を持っていました。本作では、そんな彼女を中心に巻き起こる騒動がユーモアたっぷりに描かれています。

(C)2018-Slot Machine-Gulldrengurinn-Solar Media Entertainment-Ukrainian State Film Agency-Koggull Filmworks-Vintage Pictures

■アイスランドが男女平等世界一の理由とは?

日本人からすると、たった一人で大企業に立ち向かい、目標を達成するために手段を選ばないハットラの強さには驚かされるところ。しかし、今回お話を伺った本作のベネディクト・エルリングソン監督によると、アイスランドではよくいるタイプの女性だという。

「僕の母も祖母も、ものすごくパワフルな人。僕も彼女たちにコントロールされているようなところがあったから、アマゾネスに囲まれて育ったような感じかな(笑)」と話しているほどです。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
鎌田安里紗 ギャルだった私が「エシカル」を選んだ
日経DUAL
大ヒット文具開発パパ「娘におもろい!を言い続ける
日経ARIA
氷河期世代の44歳 ブラックな働き方と専業主婦の狭
日経doors
社会心理学でズバリ診断 あなたはこんなリーダーに
日経DUAL
岡崎朋美 育児と五輪挑戦を両立したことは私の財産
日経ARIA
山梨の限界集落に移住、家賃2万円の古民家で2拠点生
日経doors
離婚弁護士が教えるブラック彼氏の見極め方&対処法
ALL CHANNEL