powered by 大人のレストランガイド

発酵バター使ったクロワッサンに大行列 川崎・新丸子

2019/3/11
「ねじねじ」はザクザクの食感

こちらは「ねじねじ」というかわいい名前のパン。クロワッサン生地を発酵させず、ねじって表面積を多くし、少し強めに焼き上げた、バターの風味が豊かでザクザクした食感が楽しいパン。

折り込まれているのは、自家製カスタードクリームとたっぷりのチョコチップ。1日で作れる量も限られているため、クロワッサンより早くに売り切れてしまうという隠れた人気商品だ。

パティシエ時代に都内の高級レストランで製パンや料理なども学んだ神戸さん。クロワッサン以外にも、その技術を生かした個性の光るパンがズラリとそろっている。

ゴマを混ぜた生地の「あんぱん」

日本の定番パンであるあんパンとクリームパンにも同店ならではの工夫がある。

「あんぱん」に使われているのは、地元・新丸子で人気の和菓子店「菓心 桔梗屋(かしん ききょうや)」のとろりとしたあんこ。あんこがあまりにもやわらかいために、一度冷凍してから包んでいる。

生地は食パン「パン・ド・ミ」にも使われている湯種にたっぷりのゴマを混ぜたもの。ずっしりと重めで、モチモチした生地は、とろっとした舌触りのあんこと相性抜群だ。

「くりーむパン」はパティシエをしていた神戸さん手作りのカスタードクリームを、「あんぱん」と同じモチモチの湯種生地で包んでいる。

カスタードクリームは卵黄のみを使い、バニラビーンズをたっぷり入れて作られている。リッチな香りとコクを出すためにバターもプラス。ミルキーなクリームに仕上がっている。

クロワッサンだけでなく、パティシエの技術を生かした焼き菓子もあるベーカリーをオープンするのが夢だった神戸さん。バニラの甘い香りが広がる「フィナンシェ」、焦がしバターのリッチな風味がたまらない「ガレット・ブルトンヌ」などが用意されている。

ギフト用のボックスも用意されていて、お好みの焼き菓子を詰め合わせてオリジナルのギフトを作ることもできる。

塩キャラメルのソースがかかったプリン「ぷぷぷりん」

毎日大量のクロワッサンを焼くために、お菓子は種類を厳選して用意している。とはいえ、塩キャラメルのソースがかかったプリン「ぷぷぷりん」をはじめ、数種類の焼き菓子が並ぶ光景は、思わず目移りしてしまう。

「最初80種類ぐらいレシピを考えていたんですが、まだ55種類ぐらいしかできていない。将来は、ベイクドタイプのタルトやキッシュ、フォンダンショコラといった焼き菓子も作っていきたいなと思っています」と神戸さん。

現在はスタッフを増やし、品質を維持しながらもっと多くのクロワッサンを作れるように体制を整えている最中。大人気のクロワッサンを超えるような魅力的なお菓子やパンが、まだまだたくさん登場しそうだ。店にはそんな予感があふれている。

<メニュー>

クロワッサン 190円 / 全粒粉のクロワッサン 230円 / クロワッサン・フロマージュ 250円 / ねじねじ 230円 / あんぱん 190円 / くりーむぱん 170円 / フィナンシェ(プレーン) 220円 / ガレット・ブルトンヌ 180円 / ぷぷぷりん 230円 ※価格はすべて税別

パンと焼き菓子のPapapapa-n!(ぱぱぱぱーん!)
住所:神奈川県川崎市中原区新丸子町729
電話:044-387-6014
営業時間:10:00~売り切れ次第
定休日:日曜、月曜
公式HP:https://papapapa-n.com/
※上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
メールマガジン登録
大人のレストランガイド