powered by 大人のレストランガイド

花見の季節は… 愛好家が選ぶ桜色のロゼワイン6本エンジョイ・ワイン(9)

愛好家6人が持ち寄って試飲したロゼワイン
愛好家6人が持ち寄って試飲したロゼワイン

もうすぐ桜の季節。お花見に合わせるワインと言えば、ロゼワインをまっさきに思い浮かべる人も多いだろう。桜の花びらを想像させる明るいピンク色が、春の気分を盛り上げてくれる。そこで、ソムリエやワインエキスパートの資格を持つワイン愛好家6人が手ごろな価格のお薦めロゼワインを持ち寄り、みんなで試飲しながら批評した。

ロゼワインはフランスのプロヴァンスやローヌ、ロワール地方のものが、世界的にも日本でも有名だ。ところが、6人が持ち寄ったロゼには、それらの地域のものは1本も含まれていなかった。これには参加者もびっくりした。試飲会ははからずも、色合いの美しさだけではない、ロゼの多様な魅力を改めて知る機会となった。

ルー・デュモン・クレマン・ド・ブルゴーニュ・ロゼ・ブラン・ド・ノワール

シニアワインエキスパートの資格を持つ会社員の笹川奈賀子さんが選んだのは、「ルー・デュモン・クレマン・ド・ブルゴーニュ・ロゼ・ブラン・ド・ノワール」(2765円・購入価格、以下同じ)。高貴な赤ワインを生み出す品種ピノ・ノワールから造られたスパークリング・ロゼで、6本の中で唯一のフランスワインだ。

ルー・デュモンは日本人の醸造家、仲田晃司さんが世界最高峰のワインを産出する仏ブルゴーニュ地方に構えるワイナリー。日本にもファンは多い。クレマンはシャンパンと同じ瓶内二次発酵方式で造るフランスのスパークリングワインの総称だ。

「ブルゴーニュ地方のクレマン」という意味のクレマン・ド・ブルゴーニュは最低9カ月間の瓶内熟成が義務付けられているが、このルー・デュモンのクレマンの熟成期間は24カ月。そのため、酵母の成分がワインに十分に溶け込み、「ロゼにしてはボディーがしっかりし、酵母由来のうまみも感じる」(笹川さん)。

シニアソムリエでワインスクールの講師も務める内田一樹さんは「ロゼは味わいがスッキリしたタイプが多いが、ルー・デュモンのロゼは味わいが複雑で、飲み応えがある」と評した。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド