手軽にひきたての味を楽しむ 高性能コーヒーメーカー特集 新生活で役立つ生活家電(4)

ひき目は「粗びき」「中細びき」、濃さは「レギュラー(普通)」「ストロング(濃い)」が選択可能で、4通りの味わいが楽しめる。一般的なペーパーフィルターだけでなく、コーヒー豆の油分まで抽出するステンレスメッシュフィルターにも対応する。

サーバーには、ガラス製ではなく、まほうびん構造のステンレス製を採用。コーヒーを煮詰めることなく温かい状態をキープする。専用サーバー以外に、ステンレスボトルやコーヒーカップに直接ドリップすることもできる。

本体以外のパーツはミルも含めてすべて分解して洗える。さらにミルは抽出するお湯を流す「ミルクリーン構造」で清潔さを保つ。

ガラスサーバーをヒーターで温めるタイプはコーヒーが煮詰まってしまうため、本機ではヒーターを使わず、まほうびん構造のサーバーを採用
フィルターケースやバスケットだけでなく、ミルも取り外して丸洗いできるので常に清潔に保てる

手ごろな価格の全自動入門機/シロカ

スッキリしたデザインで、キッチンにも映えると人気のシロカ「全自動コーヒーメーカー SC-A221」。容量は580ml(カップ4杯)。実勢価格1万4000円前後

シロカの「全自動コーヒーメーカー」は、キッチンに置きやすいコンパクトさとデザインが特徴。ハイエンドモデルの「SC-A221」でも1万4000円前後と購入しやすい価格で、全自動タイプの入門機としておすすめだ。

ひき目は「中細びき」のみ。豆をひく量は4杯まで設定できる。フィルターはステンレスメッシュフィルターを採用している。ステンレスメッシュフィルターで淹れると、ペーパーフィルターとは違った味わいになる上に、洗えば何度も使えるので経済的だ。

フィルターはコーヒー豆の油分まで抽出するステンレスメッシュフィルターを採用

カプセルを変えて好きな味/ネスレ

4月1日に発売される新モデル「ネスカフェ ドルチェ グスト ジェニオ アイ」はBluetoothを搭載する。カラーはチェリーレッドとホワイト。希望小売価格は1万3455円(税抜き)

これまで紹介した3機種は豆ひきからドリップまでを自動で行うタイプだったが、ひきたての味をもっと簡単に楽しみたいならカプセルを使い一杯ずつ抽出する「ネスカフェ ドルチェ グスト」シリーズがおすすめ。カプセル内部のコーヒーを最大15気圧のポンプ圧力で抽出することで、手軽に本格コーヒーが楽しめる。2018年12月末時点で、世界累計販売台数5000万台を突破しているという。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧