「話すベンツ」未来どうなる 開発者はたまごっち世代

MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)を開発するジョージ・マッシング氏(右)と小沢コージ氏
MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)を開発するジョージ・マッシング氏(右)と小沢コージ氏

新型メルセデス・ベンツAクラスに初搭載された、新世代音声対応式インフォテイメントシステムのMBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)。「ハイ!メルセデス」と呼びかけると、内容に応じた機能が動作することが話題になった。2019年1月の電子機器の見本市「CES(Consumer Electronics Show)」会場で、MBUX開発を担当する「ミスターMBUX」ことジョージ・マッシング氏に、開発の背景や今後の進化について、小沢コージ氏が話を聞いた。

目的は操作をシンプルにすること

小沢コージ(以下、小沢) 初めまして。ユーザーインターフェース担当ということですが、もしや2018年Aクラスに初導入されたMBUXを作られたかたですか?

ジョージ・マッシング氏(以下、マッシング) その通り。ドイツの新聞では「ミスターMBUX」と呼ばれてます(笑)。

小沢 あなたでしたか! 日本ではクルマに「ハイ! メルセデス」と呼びかけて話すだけでエアコンやナビ設定ができる、「しゃべるメルセデス」として話題ですが、一体なにをイメージして作ったんですか? もしやロボットアニメとかSF映画の世界とか?

マッシング 違います。主な目的は操作をシンプルにすることです。今や自動車は、ソフトや人工知能(AI)など基本操作以外のテクノロジーが増えて、年々複雑になっています。昔は4つか5つのボタンがあり、音楽を聴きたいときにはそれを押すだけでしたが、今はそうはいきませんから。

小沢 しかしなぜ話題のハイテクをエントリーモデルのAクラスに初搭載したんでしょう。今までだったらフラッグシップのSクラスから投入していたと思うのですが。

マッシング SクラスユーザーよりAクラスユーザーのほうがスマートフォン(スマホ)に慣れていたり、ニーズに合っているからです。

MBUXが初めて搭載されたのは「Aクラス」から。「SクラスユーザーよりAクラスユーザーのほうがニーズに合っているから」だという

小沢 確かに。私もオジサンになって新しいモノや操作を面倒に感じたり、慣れるのに時間がかかったりしますから。実際、MBUXはメインのタッチスイッチがステアリングの左右に2か所あって、センターコンソールにもタッチパッドがあります。どれをどう使っていいか一瞬分からなくなるんですが(笑)。

マッシング 全部使ってもいいし、使わなくてもいい。もちろんしゃべって操作してもいいんです。

タッチスイッチはステアリングの左右に2カ所ある(赤く囲んだ部分がタッチスイッチ)
センターディスプレーはタッチスクリーン(左)になっており、さらにセンターコンソールにタッチパッドがある

小沢 とはいえ、基本的にすべてはシンプル化の方向にあるんですよね。いつか音声だけですべての操作ができるようになる、と。

MONO TRENDY連載記事一覧