MONO TRENDY

デジタル・フラッシュ

今春はモバイルノートに注目 お薦めの5台を徹底解説

日経PC21

2019/3/17

この春にお薦めのモバイルノート5製品
日経PC21

この春注目の国産モバイルノートを5モデル紹介する。最新のモバイルノートは、ひと昔前に比べて隔世の感があるほど進化している。ビジネス書作家でパソコンに詳しい戸田覚さんが5モデルを徹底解説する。

◇  ◇  ◇

■この春はモバイルノートがお薦めだ

パソコンの利用年数は6~7年が一般的なので、例として5年前のモデルと比較してみると、性能が圧倒的に進化している。ある意味順当なのだが、CPUは第4世代から第8世代へと代替わりした。もちろん5年前のパソコンでも現役で使えるが、ウィンドウズやアプリの起動時間は、当然ながら最新モデルが圧倒的に速い。

注目したいのがストレージで、当時はSSD搭載モデルではほとんどが128ギガバイト(GB)だった。しかし、最新モデルでは256GBもしくは512GBが標準になっている。128ギガではアプリのインストールだけでも不安がある。一方、512GBあれば、これから6~7年は満足して使えるはずだ。

驚異的に進化したのが軽さで、もはや1キロ以下は当たり前なのだ。ひと昔前の10型クラスのキーボードカバー付きタブレットと同等の重さで、13.3型クラスの大画面のモバイルノートを持ち歩けてしまう。

今シーズンは各社から意欲的なモバイルノートが登場している。今回はその中から注目の5製品をピックアップした。せっかく奮発して手に入れるモバイルノートを長く使いたいなら、やはり国内メーカーのモデルがいい。どのメーカーもサポート体制がとても充実し、また店頭で製品をチェックできるので買いやすいからだ。ここでは注目製品の店頭モデル上位機を取り上げ、スペックからだけでは見えないポイントも深く掘り下げて紹介する。

■軽くシンプルで仕事にはいいことずくめだ

この記事で取り上げるのは、各社が力を入れて開発した、主力製品になるモバイルノートだ。「ラヴィ ノート モバイル」のみ学生向けとややコンセプトが異なるが、小型軽量で手軽に持ち歩ける製品として魅力十分の新モデルなのは間違いない。

これらの製品を見て気付くのは、5台中4台がクラムシェル(キーボード部分と液晶画面部分を二枚貝のように閉じる)タイプであることだ。液晶着脱式で2イン1(タブレットとしても使える)の「バイオA12」も、実は「クラムシェルとしてもストレスなく使えること」を目指して開発されている。つまり、モバイルノートは従来型のクラムシェルタイプに回帰している傾向が強いのだ。

確かに、「サーフェスプロ」のようなタブレットタイプのノートパソコンも魅力的でよく売れている。しかし、実際に使っているシーンを見ると、大抵普通のノートパソコンとして利用されているのだ。キーボードを取り外して使っている人は、まず見かけない。僕自身もペンで手書きをするとき以外は、ほぼクラムシェルとして使っている。

クラムシェルは、2イン1に比べて部品点数が少なく、加工がシンプルなので軽く作れる。タッチパネルを搭載する必要がないのでディスプレイも軽い。さらに、価格も抑えられてキーボードの入力性も高いなど、普通の仕事で使うならいいことずくめなのだ。

■注目はこの5製品

●VAIO(バイオ)「VAIO SX14」

液晶を狭額縁化することで、13.3型とほぼ同じ設置面積で14型の液晶を搭載する。新たに「カーボンウォール天板」を採用することで、999グラムの軽量ボディーも実現した。写真のブラウンのほか、ブラックの本体色も用意

●富士通「LIFEBOOK UH-X/C3」

大きめの13.3型液晶を搭載しながら、698グラムと圧倒的に軽いのが特徴。顔認証でウィンドウズにサインインできるなど使い勝手にも優れる

●Dynabook「dynabook G8」

「ダイナブック」ブランドの30周年記念モデル。ボディーにマグネシウム合金を採用し、各種パーツも小型化するなど、細かい積み重ねで軽量化を図った。写真のモデルは約19時間駆動の大容量バッテリーを搭載し859グラム。約9.5時間駆動のバッテリーを搭載する下位モデルは779グラムとなる

●NEC「LAVIE Note Mobile NM550/MA」

主に学生をターゲットにしたモバイルノート。12.5型の狭額縁液晶搭載で、コンパクトなボディーが特徴だ。CPUに省電力性に優れるコアi5-8200Yを採用する。写真のピンクのほか、ホワイトとブラックのボディーカラーもある

●VAIO 「VAIO A12」

液晶着脱式の2イン1モデル。「スタビライザーフラップ」と呼ぶ、液晶部を支える独自のヒンジ機構を搭載。キックスタンドなしで、好きな角度に液晶を調整でき、かつ安定して作業できる。手書き用のスタイラスペンや拡張クレードルが付属し、顔認証にも対応したモデル(実売価格24万5000円前後)もある

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
ANA大型旅客機のA380でプレミアムエコノミー激増
日経クロストレンド
綾瀬はるかの「奇妙な踊り」が話題 江崎グリコの想
日経クロストレンド
日本独自のノース・フェイス モノづくりの真髄
日経クロストレンド
森永「大人向けラムネ」大ヒットの理由とは?
ALL CHANNEL