若手社員、就職は「職種別採用望む」4割 配属に不満入社1~3年目のキャリア意識調査(下)

就職活動を乗り越え入社した1~3年目の社員の4割が、早くも将来のキャリアの道筋が見えないと不満を抱えている。日本経済新聞社が学生サイトU22開設に際し就職情報大手ディスコ(東京・文京)と実施した共同調査でわかった。最初の配属を重視し、仕事内容が想定しやすい職種別採用が望ましいと考える若手社員は4割を超える。就職活動に臨む学生にとっては、キャリアの進路を見据えた企業選びが、入社後の満足度を左右しそうだ。

U22のコンセプトはこちら

ディスコが運営する就活情報サイト「キャリタス就活」に登録し、就職活動モニターをしていた入社1~3年目(2016~18年卒)の若手社員を対象にキャリア意識を調査した。1148人から回答を得た。

「キャリアパス」「教育・研修制度」に4割不満

入社企業の仕事内容、人間関係など9項目について「とても満足」「やや満足」「やや不満」「とても不満」の4段階で聞いた。全体として満足度(「とても満足」と「やや満足」の合計)は高かったが、不満(「とても不満」と「やや不満」の合計)は「キャリアパス」(40.3%)や「教育・研修制度」(38.1%)が目立った。「仕事を成長の機会としたい」と考える若手社員にキャリア形成の道筋を企業が伝え切れていない現状が浮かび上がった。

キャリアパスへの不満は、採用方式への意識にあらわれている。自身の就職活動を振り返って、現在主流の職種を限定しない採用と、職種別採用のどちらが望ましいかを聞いたところ、「職種別採用」(42.9%)が「職種を限定しない採用」(23.3%)を大きく上回った。

「企画開発希望だったが、配属されなかったため仕事内容にギャップを感じた」(16年卒、女性、IT・情報処理)など配属への不満は多い。「期待と違う配属で同期が退社した。学生時代から様々な働き方を見つけるのは難しいが、『これ』というものがあれば職種別の方が幸福度は高い」(18年卒、男性・メーカー)との意見もあった。

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ