腕利きスタイリストが太鼓判 春の「ビジカジ」コーデ節度保ち、社会人らしく

MEN’S EX

[ Style 03:ジャージーセットアップを“気楽に”着る ]

ニットポロで楽ちんさときちんと感を両取り

旬の楽ちんセットアップは

ニットポロで上品さをキープ

「着心地は楽でも、適度にきちんと見えもするのがジャージー素材のセットアップ。ビジネスで使うなら、コーディネートはシャツでタイドアップが正攻法ですが、昨今のカジュアル化の流れを汲むなら、ニットポロを選べば肩の力の抜けた、今っぽい着こなしに。カラーコーデは、スーツもインナーもダークトーンでまとめて都会的に見せるのが正解かと。バッグはレザーよりも軽やかに見えるカジュアルなトートがしっくりくるでしょう」

ネイビーのセットアップにハイゲージの濃紺ニットポロ。ダークトーンの同系色でまとめることでスタイリッシュなイメージに。 ジャケット5万7000円、パンツ2万8000円/以上イレブンティ(ビームス 六本木ヒルズ) ニットポロ2万9000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー) 靴6万5000円/パラブーツ(パラブーツ 青山店)

[ Style 04:ニットジャケットを“ゆる~く”着る ]

インはシンプル無地でスタイリッシュに

ニットの編み地が醸し出す

上質なリラックス感を前面に

「ニットジャケットは、今シーズン多くのブランドがリリースする要注目アイテムです。最大の魅力は、優雅なイメージを醸し出す柔らかなニットの編み地。品のよいリラックス感は、ビジネススタイルにもジャストフィットします。着こなしはシャツでももちろんいいですが、周囲と差をつけるなら、ニット・オン・ニットで上質なリラックス感を演出するのがおすすめ。鞄は軽快感と大人にふさわしい品を併せ持つレザーのリュックで」

ジャケットの上品な編み地を際立たせるべく、白ニットやグレースラックスといったシンプルなコーディネートが◎だ。靴は程よく寛いだ印象のローファーを推奨。 ジャケット5万6000円/アルテア、パンツ2万7000円/ベルウィッチ(以上アマン) ニット1万6000円/エストネーション(エストネーション) 靴3万9000円/シップス(シップス 銀座店)

[ Style 05:機能系セットアップを“スポーティに”着る ]

足元はスニーカーで軽快感たっぷりに

都会的洗練が薫り立つ

最先端のビジカジスタイル

「今やカジュアルOKな職場も多くなっていますが、ある程度のきちんと感は求めたいところ。そんな中で、ニーズがどんどん高まっているのが軽量性やストレッチ性を持つ機能素材を使用したセットアップです。着こなしはタイドアップよりも、カットソーやスニーカーを使って軽やかに着こなすのが王道でしょう。素材がカジュアルなので、色味はモノトーンでシックに。鞄は、テイストの近いナイロン素材などのリュックがおすすめです」

軽くハリのあるストレッチ素材のセットアップ。足元は革靴よりも白スニが鉄板だ。 ジャケット3万2000円、パンツ2万円/以上デサント ポーズ(デサント ブラン 代官山) ニット1万1000円/クロスクローゼット(スタイレム) Tシャツ1万1000円/スリードッツ(スリードッツ青山店) 靴1万8000円/エストネーション(エストネーション)

※表示価格は税抜きです。

撮影/竹内一将(STUH)、宮前一喜、久保田彩子 スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/MASAYUKI(The VOICE) 文/押条良太(押条事務所)、礒村真介、川瀬拓郎

MEN'S EX

[MEN’S EX 2019年3月号の記事を再構成]

Watch Special 2020
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2020
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト