powered by 大人のレストランガイド

東京駅は点心激戦区 香港・台湾・四川の人気3店

「ヤウメイ」の「蝦夷鹿肉のパイ包み」(左)と「帆立焼売」
「ヤウメイ」の「蝦夷鹿肉のパイ包み」(左)と「帆立焼売」

JR東京駅周辺は世界有数の飲食店激戦区といえる。このエリアで最近注目のキーワードは点心だ。レベルの高い点心が集まる場所で、異なる個性で競争する人気の3店を紹介する。

最初は2018年11月にオープンした「ヤウメイ」。世界的に有名なレストランプロデューサーのアラン・ヤウ氏が日本で初めて手がけた点心専門店だ。ヤウ氏は英国・ロンドンの「ハッカサン」のほか、いくつもの話題店を生み出している。ヤウメイを訪れた客からも、「この味なら納得」「昔、香港の名店で食べた味を思い出した」など、支持する声が増えている。

全118席のクラシックかつモダンな店内はアジアの高級ホテルを連想させる雰囲気だ。「焼売(しゅうまい)」(800円、税・サ-ビス料別)、「チャーシューバオ」(1500円、同)、「蓮(はす)の葉ちまき」(1400円、同)など伝統的な点心メニューもあるが、「鴨(かも)肉と野菜のファルシ」(1400円、同)、「紋甲イカのカレー風味」(1000円、同)といった斬新なものも目を引く。

ヤウメイの内観はスタイリッシュだ

人気メニューの「蝦夷(えぞ)鹿肉のパイ包み」(1500円、同)はサクサクでリッチなパイに、甘めの肉あんが入っている。鹿肉は豚に比べて脂身のしつこさがなく、パイの食感との相性が絶妙。「帆立焼売」は(1300円、同)は一見オーソドックスだが、ホタテの貝柱と、下に詰めてあるホタテとイカのすり身でできていて、エビも飛び出してくるうま味の塊だ。ヤウメイの味は筆者が香港に住んでいたとき、初めて中華料理を食べた際の原体験を思い出させるような衝撃だった。

「点心というカジュアルな業態ですが、ヤウが世界中から探した最高レベルの料理人8人が常駐し、味には自信を持っています。予約はランチでも可能で、食に関心の高いお客様にも『ありそうでなかった店』『これでもう香港に食べに行かなくて済む』と高く評価していただいています」(支配人の高橋一平氏)

メールマガジン登録
大人のレストランガイド