LGBT実録映画、女性から第三の性へ 自分探しの旅LGBT運動家のジェマ・ヒッキーさんインタビュー編集委員 小林明

2017年にカナダで初めて男女の記載がない出生証明書を取得したジェマ・ヒッキーさん

カナダで同性婚合法化を実現したLGBT運動のリーダーで、同国で初めて男女の記載がない出生証明書を取得したジェマ・ヒッキーさん(42)がこのほど初来日し、自らの生い立ちや家族関係、ジェンダー移行、法改正運動などの軌跡を描いたドキュメンタリー映画「Just Be Gemma」の上映会や討論会を東京・赤坂のカナダ大使館で開いた。

同映画の中でジェマさんは幼年時代から自分の性別に関する苦悩や神父による性的虐待、自殺未遂、脅迫、ホルモン療法、乳房切除、恋愛体験など波乱に満ちた半生を告白。さらに著書「Almost Feral」を今年6月に出版する予定で執筆に取り組んでいる。どんな環境で生まれ育ち、どんな思いで様々な苦難を乗り越えてきたのか? 来日したジェマさんにインタビューした。

一見すると男性、でも男でも女でもない第三の性「X」

ジェマ・ヒッキー(Gemma Hickey) カナダ北東部で女児として生まれるが、自身の性別に違和感を覚え、LGBT活動に参加。性別を女性からノンバイナリーに移行し、19年6月には女性と結婚予定。

カナダ大使館で取材に応じてくれたジェマさんはやや小柄だががっちりした体格。ユーモアを交えてにこやかに話す声は低く、落ち着いた物腰やそぶりだけ見ると男性のように思える。だが、実際はカナダ北東部で女児として生まれ、男性「M」でも女性「F」でもなく、第三の性である「X」(ノンバイナリー)と記載された出生証明書を得る2017年12月まで戸籍上、女性として生きてきたという。

――自分の性に違和感を覚えたのはいつごろですか。

「子どもの頃から違和感はあった。母が私に着せようとする女の子らしい服がどうしても気に入らず、ビリビリと引き裂いたりしていた。10代になり、男の子とデートしようと試みたが、やはりしっくりこない。それで男の子よりも女の子が好きだと気づき、最初は自分がレズビアンだと思い込んでいた。まだトランスジェンダー(出生時の性と自身が認識する性が一致しない人)という言葉がなかった時代のことだ」

母(左)が選ぶ女性らしい服装が好きではなかったという(映画から画像を抜粋)

――悩んだあげく、自殺未遂を起こしたそうですね。

「学校や教会から同性愛が過ちだと教えられていたので、自分は間違っていると感じ、自分のことが好きになれなかった。セラピーを受けても解決できず、結局、自殺未遂を起こしてしまった。幸い命はとりとめることができたが、その時、自分と同じような悩みを抱える若者がつらい体験をしないように活動したいと思うようになった。以来、LGBT運動に関わり始め、団体活動を通じて運動を広げ、2005年にはカナダで初めて同性婚の合法化を実現した」

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
慈善イベントで覚醒、自分はトランスジェンダー
エンタメ!連載記事一覧