ナショジオ

旅・風景

仮装は爆発だ! 創造力あふれるハイチのカーニバル

日経ナショナル ジオグラフィック社

2019/3/6

ナショナルジオグラフィック日本版

カーニバルに参加する創造力豊かな衣装に身を包んだ人々のポートレートを撮影した(PHOTOGRAPH BY CORENTIN FOHLEN)

2019年3月5日は「マルディ・グラ」(キリスト教の祝日)の日。米国のニューオーリンズでは、毎年1月からこの日までカーニバルを行うことで有名だ。ところ変わって、カリブの島国ハイチでも同じように、この日を祝ってカーニバルが開催され、人々が繰り出す。ただ、その衣装は風変わりだ。フランス人写真家のコレンティン・フォーレン氏の写真で見ていこう。

◇  ◇  ◇

ハイチにおいて、祝祭とは魂の浄化(カタルシス)だろう。「マルディ・グラ」の日まで数週間にわたって行われるカーニバルは、まさに、この国最大の祝祭だ。

PHOTOGRAPH BY CORENTIN FOHLEN

ハイチのカーニバルは、100年以上にわたり様々な街で続けられてきたなかで、この国独自の文化を体現する場となった。過去に中止になったのは、2010年のハイチ地震(M7.0)のときだけ。それから10年近く経っても、ハイチは最貧国の一つに数えられ、近年はコレラの流行にも苦しめられた。そうした中でカーニバルは、この島の人々の復活力を象徴する存在となっている。

ハイチの苦境を伝えるニュースの繰り返しに心を痛めていたフランス人写真家のコレンティン・フォーレン氏は、ハイチ南部の小さな街ジャクメルに赴いた。そして、虐げられた大衆として表現されがちな人々の創造力とスピリットを写真に収めた。

PHOTOGRAPH BY CORENTIN FOHLEN

「ハイチと言えばいつも貧困が話題になりますが、私に言わせれば最も豊かな島の一つです。金銭的にではなく、人の想像力が豊かなのです」とファーレン氏は言う。

撮影を始めるにあたり、ファーレン氏は、カーニバル会場に近い歩道に即席の撮影スタジオを設置した。個性的な衣装を身に着けた島の人々のポートレートを撮るためだ。ファーレン氏には、島民一人ひとりに焦点を当てることで逆に彼らを力づけることができたらという思いがあった。

PHOTOGRAPH BY CORENTIN FOHLEN

ナショジオ 新着記事

ALL CHANNEL