「本人の希望に合わせて、タイミングを逃さずにキャリアをつないでいく仕組みづくりが、個々の活躍に不可欠だ」という

白河 育児中の女性社員が育休や時短の期間を早く切り上げるようになったというのは本当ですか。

野坂 はい。それは企業内保育所の設置および提携保育所を契約した効果が大きいですね。保育園の入園は基本的に4月ですから、年度途中で復帰したいという希望を持っていても春まで待たなければいけない事情がありました。入園までの期間を補える保育所を研究所もある川崎事業所敷地内に設置したことで、復帰のタイミングを確定できるようになりました。海外赴任の帯同から帰国する社員も同様に利用しています。本人の希望に合わせて、タイミングを逃さずにキャリアをつないでいく仕組みづくりが、個々の活躍に不可欠だと考えています。仕組みをしっかりつくることで、意識も変わっていきますから。

白河 キャリアをつなぐって、とても大事な言葉ですね。全体的に働き方改革が進んでいる御社ですが、他社との「働き方格差」も浮き彫りになってきませんか?  今、企業間での働き方改革進捗の差がものすごく開いてきていると感じているんです。例えば、味の素の社員と結婚した外部企業の社員が、御社のリソースにぶら下がるというような状況、起こっていませんか?

野坂 そういう懸念もあるので、外部企業の方と結婚する社員の式に呼ばれたときには、「そちらの会社さんもお願いします」とスピーチしています(笑)。

白河 会社が制度を整えた結果、「だったら君、全部できるでしょ」とパートナーが家事を丸投げするのでは本末転倒ですからね。

野坂 そうならないように、3年前から外部社員のパートナーさんも一緒に参加できる両立支援セミナーもやっています。外部講師から「いくら制度が整っていても、家庭内でワンオペ育児になっていたら仕事は2倍に増えただけ。サポートをしっかりやっていきましょう」と激励していただいています。

白河 それもまた、ありがちな思い込みを払拭する取り組みですね。他社の社員の意識改革まで行うというのは、素晴らしいと思います。

野坂 ダイバーシティーも働き方改革も、土台の根底にあるのは社員の「心身の健康」です。お客様に「食と健康」をうたう企業として新しい価値を提供し続けるためにも 、中で働く一人ひとりが心身共に健やかな状態で業務に集中できる環境づくりに全方位で取り組んでいかなければいけないと考えています。まだまだやるべきことはあるので、歩みを止めずに進んでいきます。

あとがき:女性活躍といっても、女性だけ集めて意識研修をして、不公平な環境をそのままに「頑張って」と言う企業がほとんどです。女性向けの講演の依頼を受けるたびに「女性が変わることではなく、周りが変わることが必要なのに」と違和感を持っていました。味の素はまさに「女性活躍の壁」を全体の働き方を変えることで取り払った、本気度の高いダイバーシティー企業です。定時を16時半にして給与はそのまま、ベアも1万円という改革は、まさに『昭和の働き方』からの転換を社員にメッセージしています。本気度の高い働き方改革とダイバーシティー施策でした。

白河桃子
少子化ジャーナリスト・作家。相模女子大客員教授。内閣官房「働き方改革実現会議」有識者議員。東京生まれ、慶応義塾大学卒。著書に「『婚活』時代」(共著)、「妊活バイブル」(共著)、「『産む』と『働く』の教科書」(共著)など。「仕事、結婚、出産、学生のためのライフプラン講座」を大学等で行っている。最新刊は「御社の働き方改革、ここが間違ってます!残業削減で伸びるすごい会社」(PHP新書)。

(ライター 宮本恵理子)

「白河桃子 すごい働き方革命」の記事一覧はこちら