ナショジオ

ニュース

50日続いた揺れない「大地震」 メカニズムは謎

日経ナショナル ジオグラフィック社

2019/3/2

ナショナルジオグラフィック日本版

トルコ、イスタンブールのオルタキョイモスクが夜明けのピンク色の光を浴びる。ここから近いマルマラ海の掘削孔から、2016年夏にトルコでスロースリップ(ゆっくり地震)が起きていた可能性が明らかになった(Photograph by Robert Harding Picture Library)

2016年夏、トルコ北西部で大きな「地震」が発生した。この地震が奇妙だったのは、誰1人として揺れを感じなかった点だ。しかも、その地震は50日間も続いた。

学術誌「Earth and Planetary Science Letters」に掲載された新たな論文によると、この現象は、「スロースリップ(ゆっくり地震)」と呼ばれる、かなり特殊なタイプの地震だという。突然の衝撃で断層を破壊する「典型的な」地震と違い、断層が非常にゆっくりと動く。通常の地震と異なり、地震波は全く出さない。つまり、揺れが起こらないのだ。

「幻の地震と呼んでもいいでしょう」。今回の研究リーダーで、ドイツ、ポツダムにあるドイツ地球科学研究センター(GFZ)で地質力学を研究するパトリシア・マルティネス=ガルソン氏はこう話す。では、スロースリップとは一体何なのだろうか。また、地震災害全体にとってどのような意味があるのだろうか。具体的に見て行こう。

■9年続いたケースも

「この地震は、2000年代初頭には米国太平洋岸北西部のカスケード沈み込み帯で確認され、直後にニュージーランドの沈み込み帯でも見つかりました」と話すのは、英インペリアル・カレッジ・ロンドンで地質の構造発達を研究している上級講師のレベッカ・ベル氏だ。このゆっくりとした現象では、大地震に匹敵するエネルギーを放出しても、長い時間をかけて発生するため、地表は揺れない。

断層が動く速さも氷河が動くようなゆっくりとしたものだ。フランス、パリ高等師範学校で地震の物理を研究するルシール・ブリュア氏は、「トルコの地震が50日も続いたのは、遅いと思えるかもしれませんが、そう珍しいことではありません」と話す。

ブリュア氏が知る限り、記録がある中で最長のスロースリップはアラスカで発生している。その規模はマグニチュード7.8で、少なくとも9年続いた。あまりに長かったため、研究者たちは、断層のゆっくりとした動きはこの地域で常に起こっていることだと、終息するまで思い込んでいた。

■幻の地震のとらえ方

これだけ遅いと、意図的に検出しようとしない限り、見つけるのは難しい。しかも地震波が生じないので、地震計では検出できない。実際、地質学者が初めてスロースリップに気が付いたのは、地球表面の形の変化を記録するGPSのデータによってだった。

今回の研究で断層の動きをとらえたのは、トルコのマルマラ海の掘削孔に埋められたひずみ計だった。周囲の岩石がゆっくりと変形していたのだ。加えて、ときどき断層に沿って動く微動からも、スロースリップを確認できる。

「すぐ上の階で、木の床の上を誰かが歩いているのにたとえると分かりやすいです」とブリュア氏は話す。「歩く人は見えませんが、木がきしむ音から動きを追うことができます」。そして、研究者が何に目を向ければいいのか分かると、この現象は世界中の沈み込み帯付近で起こっていることが判明した。

「とても一般的であり、被害がない場合がほとんどです」とブリュア氏。

例えばカスケード沈み込み帯では、マグニチュード6.0の規模として記録されるスロースリップが2~3週間続き、平均で15カ月おきに繰り返すことがある。その発生を知らせるウェブサイトまであるほどだ。同様のマグニチュードのものは、日本の琉球沈み込み帯の南西部・八重山諸島付近で5~9カ月間隔で発生している。

ニュージーランドには、ホットスポットが2カ所ある。1つは首都ウエリントンの下で、マグニチュード7.0の地震に相当する規模の断層の動きが起こることもある。しかし、12~18カ月かけてかなりの深さで起こるため、住民は誰も気づかない。

もう1つのホットスポットは、同国北島の北東端にある。ここでのスロースリップは比較的浅いところで起き、ウエリントンと同じような規模だが、ずっと奇妙だ。18カ月から2年ごとに、まるで時計仕掛けのように繰り返される。ベル氏は「次にどこで起こるかがほぼ予想できる」という。地球科学者にとっては、絶好のタイミングで観測機器を設置する貴重な機会となる。

ナショジオ 新着記事

ALL CHANNEL