ヤバイTシャツ屋さん 目指すは『紅白』でうちわ振り

日経エンタテインメント!

10代20代を中心に人気の男女混合3人組ロックバンド、ヤバイTシャツ屋さん(以下、ヤバT)。『無線LANばり便利』『週10ですき家』など、笑えてどこか共感できるタイトルや歌詞と、キャッチーなメロコアサウンドの楽曲が持ち味だ。

左から、もりもりもと(ドラム)、こやまたくや(ギター&ボーカル)、しばたありぼぼ(ベース&ボーカル)。バンド名の由来は、大学の先輩が激安のTシャツ店を「ヤバイTシャツ屋さん」と呼んでいたその語感の良さから。2016年メジャーデビュー(写真:佐賀章広)

近年、メロコア(メロディック・ハードコアの略称。従来のパンクロックよりも、メロディーや歌詞に重点を置いたサウンドが特徴)の音楽シーンからは数年に一度スターが生まれている。17年は、WANIMAがauのCM曲で知名度を上げ、『紅白』にも出場しブレイク。ヤバTはフェスなどでの活躍で音楽ファンの支持を確実なものとし、メディア露出やタイアップ曲の増加で一般層にも認知を広げており、彼らに続く最右翼といえる。

ヤバTは、作詞作曲を担当するギター&ボーカルのこやまたくやが、大阪芸術大学時代の音楽サークルで2012年に結成。13年から、もりもりもと(ドラム)、しばたありぼぼ(ベース&ボーカル)と共に活動を続ける。16年にデビューし、18年は飛躍の年に。3月に『NHKフレッシャーズキャンペーン』のイメージキャラクターに抜てき。5月からは盟友・岡崎体育とレギュラー番組『テンゴちゃん』(NHK総合)も始まった。夏には「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル」で約7万人収容のメインステージに初進出し、この1月末からは自身最大規模の全国ツアー中だ。

こやまたくや(以下、こやま) 18年は日本最大級のフェスで、1番大きいステージに立てたことがかなり自信になりましたね。

しばたありぼぼ(以下、しばた) 確かに。あそこに出られるのは1日たった7組やしね。

もりもりもと(以下、もりもと) その日のトリのサザンオールスターズさんは、2曲目で『いとしのエリー』を歌われていて。お客さんが求めるものにちゃんと応える姿勢は本当に勉強になりました。

NHKでレギュラー番組も

こやま 18年はNHKの受信料キャンペーンのキャラクターに選ばれたことも驚きで。女優さんなどがやる枠で、僕らのようなペーペーのバンドが曲を作り、ポスターになり、CMにまで出演するなんて。ゴリゴリに受信料を払っといてよかったなと(笑)。

しばた いやいや受信料の額は、みんな一緒やから!

もりもと 月1回の生放送番組『テンゴちゃん』は、毎回扱うテーマも尖っているから、MCの僕たちが楽しんでます。2時間の生放送中に、5分のテレビ番組をゼロから作ったりとかね。

こやま 視聴者から「いま見たい番組」を募集するとこから始めたもんな。あれは絶対に番組制作の資料VTRになると思う。

しばた あとNHKに出ると、親戚とかの反応がすごいよね(笑)。

エンタメ!連載記事一覧