グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

食のリーダー

ビール低迷、原因は「とりあえず生」 キリンHD社長 キリンホールディングス社長 磯崎功典氏(上)

2019/3/2

「クラフトビールは料理との組み合わせがものすごく大切」と磯崎社長

――キリングループではビールのほかにもワイン、ウイスキー、さらには医薬品など色々な分野の商品をお持ちですが、今後「食」ということに対しては、どのように向き合っていこうとお考えですか。

本当は食品分野もやりたいのですが、それをやると力が分散してしまう。ただ、「食」を理解することは大事だと思っています。クラフトビールというのは、一般的なビールと違い、料理との組み合わせがものすごく大切なのですね。代官山の店でも、ワインと同じで、それぞれのクラフトビールに合った料理をお薦めしていますし、従業員はそれを必死になって勉強しています。

――ワインでいうところの、マリアージュですね。

まさにその通りです。うちは飲食店・業務店でも売ってもらっていますので、お店の方にただ「ビール売ってください、ビール売ってください」と言ってもだめなんですね。料理と合わせる形で、メニュー上でも提案していく。これまでの飲食店のメニューには「生・中」とか「生・大」としか書いていなかった。これがビールの魅力を落としてきた要因の一つになっていると私は考えています。

昔はそれでよかったかもしれないけれど、世の中が豊かに、個性化してきた中ではこれではだめです。少子高齢化だの、若い人があまり酒を飲まなくなってきているなどと言っていますが、ビールの市場が縮小したことには、ビール会社の責任もあります。「とりあえず生!」にただ応え、同じようなタイプのビールをいろいろと出して、価格競争だけ。これではいけませんね。これからは「この料理には、このビールをいかがですか」といった売り方をしていかなければいけない。そういうふうにしていくことで、もう一度ビールに振り向いてもらえるようにすることが大切ですね。

――以前、大手居酒屋チェーンの社長が、ビール会社の営業担当者に「ビールだけ運んで来るんじゃない。情報も一緒に運んで来い」と言っていたことを思い出しました。

そうなんです。「この料理は少し味が濃いので、チョコレート味のする、この黒いクラフトビールが合うと思います」といった売り方です。先ほど申し上げた代官山の店では、クラフトビールのことと同じくらい、従業員は料理の勉強もしています。お客様は圧倒的に女性です。女性はお酒を飲むためだけにいらしているのではありませんからね。

6種類のクラフトビールと、それぞれに合う料理を組み合わせたセットを2300円でお出ししているのですが、これがよく出ています。試飲セットみたいなものですが、これで火がつくと、お客様はどんどんクラフトビールを注文してくださる。「このビールとこの料理の組み合わせで」なんてね。

――客単価が上がりますね。

火がついているから止まらない(笑)。ワインもそうですが、日本酒も料理と一緒に飲みますよね。ビールだけガブガブ飲むような外国人でも、日本で焼鳥屋さんに連れて行くと、お酒と一緒に焼き鳥を食べて「これいいね」なんて言うんです。やはりお酒は食事と合わせて楽しむものです。キリンはお酒からは離れられないし、メインの事業として食品の展開はできないけれど、「食」ときちんと向き合いながらお酒を売っていこうとしているわけです。

グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL