アルファロメオ、新開発ディーゼルを日本に初投入

FCAジャパンのポンタス・ヘグストロム社長(左)とアルファロメオのエンジン開発部門代表(EMEA地域)、パオロ・パロッティ氏
FCAジャパンのポンタス・ヘグストロム社長(左)とアルファロメオのエンジン開発部門代表(EMEA地域)、パオロ・パロッティ氏

FCAジャパン(東京・港)は、新型ディーゼルエンジンを日本市場に初めて導入する。「アルファロメオ」の多目的スポーツ車(SUV)「ステルヴィオ」とセダン「ジュリア」に、新開発ディーゼルターボエンジン搭載モデルを設定する。希望小売価格(税込み)はステルヴィオが617万円、ジュリアが556万円。4月6日発売。

いずれも新たに開発した直列4気筒ディーゼルターボエンジン(排気量2.2リットル)を搭載。ステルヴィオは最高出力210馬力を発揮、停止状態から6.6秒で時速100キロメートルに達する加速性能を実現した。燃費性能は1リットルあたり16キロ(WLTCモード)と、同クラスのガソリン車に比べて最大約45%向上したという。

さらに、粒子状物質低減装置(DPF)や窒素酸化物(NOx)を尿素水で処理するSCR(選択触媒還元)システムなどの採用で、世界的にも厳しいとされる日本の排ガス基準「ポスト新長期規制」をクリア。「究極のスポーツ走行性能とシリーズ最高の経済性を高次元で両立し、高い環境性能を実現した」(同社)という。

ステルヴィオ 2.2 TURBO DIESEL Q4 最高出力:210ps 最大トルク:470Nm 0-100km/h加速タイム:6.6秒 燃費性能:16.0km/L 希望小売価格(税込)6,170,000円
ジュリア 2.2 TURBO DIESEL SUPER 最高出力:190ps 最大トルク:450Nm 0-100km/h加速タイム:7.2秒 燃費性能:17.2km/L 希望小売価格(税込)5,560,000 円
MONO TRENDY連載記事一覧