MONO TRENDY

モノ・フラッシュ

朝のトースト、もっとおいしく 高級トースター4選 特集 新生活で役立つ生活家電

2019/3/6

おいしいトーストが作れる最新オーブントースター4機種を紹介する

新生活でそろえたい家電特集、第3弾はオーブントースター。最近は1万円を超える高級モデルが人気になっている。数千円のトースターと何が違うのか。人気4機種の特徴を紹介する。

■バルミューダ/パンに合わせた温度制御でおいしく

高級オーブントースターの先駆けとなったBALMUDA The Toaster。写真は、3月13日発売の新色「Chocolate(ショコラ) K01E-CW」。公式サイトの直販価格は2万2900円(税抜き)

近年、主流となりつつある高級オーブントースターを紹介するうえで欠かせないのが、バルミューダの存在だ。バルミューダは2010年に、「自然界の風を再現する」とうたう扇風機「The GreenFan」を発売し、高級扇風機ブームを巻き起こした後、15年にキッチン家電業界に参入。オーブントースターの売れ筋が数千円だった時代に、2万円台の「BALMUDA The Toaster」を発売し、今度は高級オーブントースターブームを巻き起こすきっかけとなった。

BALMUDA The Toasterの特徴は、スチームを利用してトーストを焼くという点。庫内に充満したスチームがパンの表面に薄い水分の膜を作り、パンの内側に水分や油脂成分、香りを閉じ込めるという。さらに独自の温度制御により、トースト、チーズトースト、フランスパン、クロワッサンと、それぞれのパンに適した焼き上がりを実現する。

170℃、200℃、230℃と3つの温度帯を備え、焼き菓子やグラタン、餅などが焼ける。庫内サイズは幅274×奥行き204×高さ178mm。一度に焼けるトーストは2枚まで。

付属のカップで5ccの水を注ぐことで、加熱と同時に庫内にスチームが広がる
バターを多く含んでいるため焦げやすいクロワッサンも、独自の温度制御で焦がすことなくふっくら焼き上げる

■アラジン/短時間で一気に外カリ中モチへ

0.2秒で発熱する「遠赤グラファイト」を搭載したアラジンの「グラファイト グリル&トースター AGT-G13A」。カラーはグリーンとホワイトの2色。実勢価格は2万3800円前後(実勢価格は3月上旬、大手家電量販店のネットショップで確認。以下同)

アラジンの「グラファイト グリル&トースター」も、トーストが「外はカリッと、中はモチモチ」に焼き上がるとして人気のトースターだ。初代モデルは15年に発売し、バルミューダとともに高級オーブントースターブームをけん引している。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
「Tポイント離れ」どう見るべき? 専門家が解説
日経クロストレンド
パナソニックの中国家電事業が好調な理由
日経クロストレンド
「置くだけ無人レジ」、コンビニ・ポプラがついに「
日経クロストレンド
セブンが「nanaco」から「7pay」に移行 その狙い
ALL CHANNEL