「予定がたくさん」どう言う? scheduleの意外な盲点デイビッド・セイン「間違えやすい英語」(57)schedule

言葉の使い方を間違えて相手に誤解されてしまった。そんな体験はどなたにもあると思います。日本人向けの英語教育で豊富な経験を持つデイビッド・セインさんが、日本人が間違えやすい英語の使い方を解説します。今回は意外な盲点、scheduleという言葉についてお話ししていきます。

◇  ◇  ◇

勉強するときはいつも完全を目指す。しかし会話をするときは通じることを目指す。これが英会話には必要なポイントです。相手を前にして英語を話すときは、完璧な英語でなくても構いません。間違いがあってもいいのです。フレンドリーに笑顔で話せば、不完全さは補われます。間違いを恐れず英語を話しましょう。そして勉強するときは完全を目指しましょう。

職場で忙しいのはみんな一緒。でも、今日は特にヒロシがあわただしくしています。同僚のナンシーに対して、「今日はたくさんの予定があって、とても忙しい」と英語で伝えたつもりなのですが、どういうわけか彼女からは、ちょっと無理なことを言われました。日本語をそのまま英語に直して話したことで、別の意味になってしまったようです。いったい何がまずかったのでしょうか?

それはこんな会話でした。

Hiroshi: Today's really busy! I have lots of schedules.
Nancy: Really? Can I see them?
Hiroshi: You want to see them?
Nancy: Yeah.
Hiroshi: How…?

ヒロシは図らずも、こう言ったことになります。

ヒロシ:今日はすごく忙しいよ! 予定表をたくさん持っているんだ。
ナンシー:本当に? 見せてもらえる?
ヒロシ:見たいの?
ナンシー:ええ。
ヒロシ:ど、どうやって…?

「たくさんの」はa lot ofまたはlots of。「予定」はa schedule。だから、「たくさんの予定」はきっとlots of schedulesに違いない……。そう考えてヒロシは、I have lots of schedules.と言ったのでした。しかし、実はa scheduleには「1つの予定」のほかに、「1枚の予定表」の意味もあります。そのため、scheduleを複数形にして言うと、「たくさんの予定表を持っている」というニュアンスで伝わってしまいます。これは「予定の書かれた紙切れが何枚もある」と言っているに等しいのです。

ヒロシにとって「予定」とは形のない抽象的なものですが、ナンシーは「予定表」という具体的な形のあるものとして受け止めたので、「見せて」と言ったわけです。そのギャップの原因がつかめないヒロシはとまどってしまい、「どうしたら見せられるのか?」と疑問に思ったのでした。

では、どう言えばよかったのでしょうか?

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧