プロが教えるBizコーデ

仕事のジャケパンを楽しむ 初歩のセパレートコーデ術

2019/3/2

出勤前、ワードローブの前で「きょうは何を着ようか」と思案に暮れる人は少なくない。そんなビジネスマンに、押さえるツボを伝授する「プロが教えるBizコーデ」。今回は「セパレートコーデ」がテーマだ。仕事でスーツ以外の着こなしが許される場合、ジャケットとパンツの組み合わせならぐんと装いの幅も広がり、自分なりのおしゃれが楽しめる。その極意をスタイリスト、小林新さんに聞いた。

<< アウトドア&ミリタリー 語りたくなる機能性アウター




業種によってはセットアップ(スーツ)が『制服』の会社も少なくないとはいえ、昨今は服装のカジュアル化が進む。ビジネス街でもジャケットにパンツ(ジャケパン)スタイルのビジネスマンを見かける機会が増えた。ジャケパンはスーツより「崩した感」があるが、「オシャレ感とフォーマル感をキープしていれば、十分オンにふさわしい装い」と小林さんは指摘する。

セパレートのコーディネーションでは (1)コントラスト (2)アクセント (3)素材感――の3つのポイントに注意したい。

まず提案くれたのは、グレーのジャケットにネイビーのパンツを合わせたコーデ=写真1。上着はスーツの上で、単体のパンツはオフでもはける。コーデのポイントはずばりコントラストだ。もし上下、グレーの濃淡という同系色の組み合わせだと、「全体にぼやけた印象になるので注意したい」(小林さん)。

【写真1】ジャケット2万6460円、パンツ1万4580円 / ともにナノ・ライブラリー、タイ1万5120円 / ステファノ ビジ (すべてナノ・ユニバース)  その他スタイリスト私物
Latest