『アナ雪』続編や新海アニメが旋風 19年ヒット予測

2020年の東京オリンピックを翌年に控え、元号も変わる19年。変化する社会と同様に、エンタテインメント界も話題に事欠かない年になりそうだ。内外の映画や音楽で今年はどのようなヒット作が生まれそうか、予想してみた。

『天気の子』は離島から東京に家出した高校生が、祈るだけで空を晴れにできる力を持つ少女と出会うラブストーリー(東宝配給)(C)2019「天気の子」製作委員会

まず映画で話題を独占しそうなのが、ウォルト・ディズニー配給作品群だ。米国では『アナと雪の女王2』や『スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)』をはじめ、10作が公開になる。ミュージカル映画からアメコミまで、魅力的なラインアップが出そろっている。『アナと雪の女王2』は11月22日に日米同時公開が決まった。

そんななか、ほぼ間違いなく高い興行収入の数字が期待できそうなのが『トイ・ストーリー4』(7月12日公開)だ。前作の興収は108億円。今作でこの記録を塗り替えられるか。『ダンボ』(3月29日公開)や『アラジン』(6月7日公開)、『ザ・ライオン・キング(原題)』(全米7月19日公開)のディズニーアニメの名作も相次いで実写化される。

2月1日に公開されたミュージカル映画『メリー・ポピンズリターンズ』は、往年の名作ミュージカル映画の続編で、アカデミー賞にも4部門ノミネートされた。

さらには、4月26日に『アベンジャーズ/エンドゲーム』が公開。これもディズニー配給で、アベンジャーズのヒーローたちが集結して、世界を救うための最後の戦いが描かれる。予告編公開から24時間の再生回数は2億8900万回を記録。ファンの期待の高さをうかがわせる数字だ。

邦画でヒットを期待されるのが、新海誠監督の3年ぶりの新作『天気の子』(7月19日公開)。前作『君の名は。』は国内興収250億円を超え、アジアを中心とした海外でも大ヒットを記録した。今作は、どこまでいくか楽しみだ。

ゲーム実写化の『映画刀剣乱舞』(1月18日公開)やマンガ実写化の『キングダム』(4月19日公開)はいずれも満を持しての映画化で、ファン待望の作品となる。

エンタメ!連載記事一覧