格安スマホは個性知って選べ 上位8社の特徴は?格安SIM最前線 新生活編(上)

最大の特徴は、イオン店頭にカウンターを設けているところ。同社によると約220店舗で契約やサポートを受けられるという。MVNOの多くは実店舗を構えていなかったり、店舗があっても新規契約や機種変更までしか対応していなかったりする場合もある。しかし、イオンモバイルでは料金プランの変更やトラブル時の対応といったアフターサポートにも力を入れているので、スマホの初心者や設定が苦手な人でも安心して相談できる。

また、店舗の数こそワイモバイルより少ないものの、生活に密着したイオンにカウンターが設けられていることもメリット。スマホで困っていることがあるけれど、ショップまで足を運ぶのが面倒だという人も、買い物のついでに立ち寄ることが可能だ。

イオンモバイルでは料金プランも充実しており、個人向けの「音声プラン」は毎月500メガバイトから50ギガバイトまで11種類から選択可能。家族向けの「シェア音声プラン」も8種類から選べる。ネットワークはドコモ回線とau回線の2種類だ。

LINEモバイル/LINEやSNSが通信無料

LINEモバイルは、無料通話アプリで知られるLINEが提供する格安SIMだ。ソフトバンクと資本業務提携を結んでおり、ドコモ回線とソフトバンク回線のどちらかを選ぶことができる。au回線の提供も19年中に開始する予定だ。

最大の特徴は、一部アプリの通信量が無料になる「データフリー」というゼロレーティング機能を提供しているところ(ゼロレーティングに関しては記事「動画やSNS使い放題 スマホ通信量フリーのお得度」参照)。対象となるのはLINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICの5つだ(※ライブ動画視聴など、一部の通信はゼロレーティングの対象外)。

これらのアプリは料金プランの通信容量を消費しないので、LINEや対象のSNSをたくさん利用する人は、今までよりも容量が少ないプランを契約して通信料金を節約できる。また、通信容量を使い切って速度制限を受けている状態でも、上記の対象アプリは通常の通信速度で利用できるのもメリットだ。

なお、料金プランによってゼロレーティングの範囲も変わる。一番安い「LINEフリープラン」ではLINEのみが対象。「コミュニケーションフリープラン」ではLINE、Twitter、Facebook、Instagramが、「MUSIC+」ではこれに加えてLINE MUSICも対象だ。LINEだけ快適に使えればいいなら、最も安いLINEフリープランを選ぶという手もある。

BIGLOBEモバイル/YouTubeでもギガ減らず

BIGLOBEモバイルは、インターネットプロバイダーのBIGLOBEが提供する格安SIMだ。ネットワークはドコモ回線とau回線のどちらかを選べる。

最大の特徴は、オプションサービスの「エンタメフリー・オプション」だ。このオプションでは、YouTubeやAbemaTVといった映像配信サービス、Apple MusicやAWAなどの音楽配信サービスを利用した際の通信量が無料になる、ゼロレーティング機能が提供される。

音声通話SIMでは月額518円、データ通信SIMでは月額1058円の有料オプションだが、特に映像配信サービスは通信容量を大量に消費しがちであるため、節約効果が大きい。暇さえあればYouTubeを見ているような人も、必要な通信容量よりも少ない料金プランをエンタメフリー・オプションと一緒に契約することで、トータルの通信コストを安く抑えられるのだ。

「個性」見極め賢いキャリア選び

こうして8社の特徴をまとめてみると、選ばれる理由が見えてくる。

ワイモバイル、楽天モバイル、UQ mobile、mineo、イオンモバイルは、複数の実店舗を全国に展開している。店舗があればユーザーの目に留まりやすいということもあるが、MVNOやサブブランドに関心を持つユーザーの裾野が広がるにつれて、契約時やトラブル時にスタッフと相談しやすい環境が求められていることの証しでもあるだろう。

また、LINEモバイルやBIGLOBEモバイルからは対象アプリの通信が無料になるゼロレーティング機能、OCN モバイル ONEからは日単位の料金プランや「トップ3かけ放題」など、特徴的なサービスが提供されている。

店舗網やユニークなサービスは、それぞれのキャリアが持つ個性といえる。大手キャリアが料金プランの見直しを進め、MVNOやサブブランドとの価格差が縮まってきた19年。自分のニーズとうまくマッチする個性を備えたキャリアを選びたい。

自分のニーズとマッチする個性を持つキャリアを選ぶことが格安SIM選びのポイントになる(写真はイメージ=PIXTA)
松村武宏
1979年、長野県生まれ。国立長野工業高等専門学校・電子制御工学科を卒業後、ものづくり・接客業を経てライターの道へ。わが子の成長を見守るかたわら、信州佐久からモバイル情報を発信中。

格安SIM最前線 新生活編
格安スマホは個性知って選べ 上位8社の特徴は?
価格も魅力 格安スマホのiPhone、何がある?
大手と格安iPhone、2年使うとおいくら 試算で比較
MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧