働く女性のオン・オフ兼用コーデ 品格と抜け感を両立宮田理江のおしゃれレッスン

楽ちんなのにきれいに見えるコーデとは。 Theory 2019年春夏コレクション
楽ちんなのにきれいに見えるコーデとは。 Theory 2019年春夏コレクション

2019年春夏の装いでは、品格と伸びやかさが同居するような着こなしが新トレンドに浮上しています。軸になるのは、上下そろいのセットアップや、ハイウエストボトムス、同系色での合わせなど。日本でもファンの多い米国ブランド「Theory(セオリー)」の春コレクションを手がかりに、フレッシュ感と節度を兼ね備えた着こなしのポイントをつかんでいきましょう。

進化系セットアップに注目 マルチに着回しやすい

ワークウエア風なフォルムをホワイトルックで清らかに演出。 Theory 2019年春夏コレクション

セットアップがスーツと異なっているのは、スーツほどには組み合わせが固定されていない点です。スーツは基本的にジャケットとボトムス(パンツかスカート)の組み合わせとなりますが、セットアップはもっと自由。たとえば、シャツとパンツ、プルオーバーとスカート、コートとワンピースといったコンビネーションもありです。

見た目の統一性も、スーツよりゆるやかです。スーツは原則的に同じ生地で上下をそろえますが、セットアップは同系色程度の調和が保たれていればOKという具合。上下の色や柄も微妙に異なりながらも、ゆるやかに統一感があるタイプが登場しています。デザイン面で融通がききやすいおかげで、オフィス以外でもマルチに着回しやすいのも、新傾向の進化系セットアップのよさです。

ジャケットとパンツという、比較的オーソドックスなコンビの場合でも、ジャケットのシルエットがかしこまりすぎない、ゆったりした形なら、力みを遠ざけられます。ジャケットとコートの中間のような、ラフなアウターは体の輪郭をぼかしてくれます。ボディーを締め付けないから、様々なシーンで重宝しそうです。

ノースリーブのトップスなら軽快な着映えに

バッグや靴は同系色で濃度をずらして装いにメリハリを。 Theory 2019年春夏コレクション

両袖のないノースリーブのトップスを選べば、春らしい軽快な着映えに仕上がります。近ごろ注目を集めているのは、縦に落ち感のあるナローなシルエット。このようなチュニックに、穏やかなパンツで合わせると、さらに細長く映ります。

土っぽいエコロジーな色使いはナチュラルで気負わないムードを演出。袖がなくても、首周りが詰まっているうえ、端正なフォルムだから、きちんとした印象を保っています。上からベルトでウエストマークしたり、オフの日はレギンスで合わせてみたりと、着回しの選択肢も豊富です。

テーラードジャケットがウィメンズの装いに

ダンディーなダブルブレストのジャケットもしなやかに着こなして。 Theory 2019年春夏コレクション

今春夏は英国紳士ムードを帯びた本格派のテーラードジャケットがウィメンズの装いに持ち込まれます。セットアップに組み込めば、品格の備わった着姿に整えられます。打ち合わせの深いダブルブレストはさらにカッチリしたムードが濃く、オフィスの雰囲気にもマッチします。

気張りすぎない着こなし方としては、ところどころに抜け感を漂わせるのが上手なアレンジ。たとえば、インナーにカットソーを選んだり、かかとのないスリッポン風シューズを履いたりして、まとまりすぎを避けるのが賢いさじ加減です。