働く女性のオン・オフ兼用コーデ 品格と抜け感を両立宮田理江のおしゃれレッスン

ニアトーンで整える 落ち着きと動感を両立

ワンピースの透け感を引き立てる濃淡ミックス。 Theory 2019年春夏コレクション

装い全体を全く同じ生地や色・柄でまとめきってしまうのではなく、少しだけ色調や風合いをずらしながら、近い見え具合でまとめる「ニアトーン」のコーディネートが脚光を集めています。

同じ素材や色でそろえたワントーンは平板に映りやすいことも。ニアトーンなら微妙なずらしが生きて、味わい深い雰囲気にまとまるのがいいところ。トップスとボトムスが互いを引き立て合い、それぞれの持ち味が生きるという効果があります。

淡いグリーンのエアリーなワンピースに、少しトーンを深くしたロング丈ジャケットを重ね、濃淡を際立たせました。今春夏はアイシーやスモーキーと呼ばれる、少しぼかしたパステルカラーが装いを盛り上げると期待されています。

上下の色合いをわずかに変えるだけで着映えのリズムが変わる

スカートとパンツの重ね履きに注目。 Theory 2019年春夏コレクション

砂漠を思わせるサンドカラーを都会的に取り入れる提案が目新しさを感じさせます。色味を上下でわずかに変えるだけでも、着映えにリズムが加わります。パンツの上から長いペンシルスカートを重ねるのは、縦長イメージを強調する新しいテクニック。丈の長いボトムス同士で合わせると、このような大人っぽいレイヤードに整えられます。

若々しいショートパンツもシャツと合わせて大人シフト

リネンは今春夏のトレンド素材に浮上。Theory 2019年春夏コレクション

元気で若々しいイメージのショートパンツも、シャツで合わせれば大人仕様にシフト。上質なリネン素材なら、上品カジュアルな見え具合に導いてくれるから、着て行ける場面が広がります。久しぶりにトレンドアイテムとしてカムバックしたミニボトムスはニアトーンで取り入れると、落ち着きが加わります。シャツよりも濃い色をボトムスに迎えれば、レッグラインを引き締める効果が期待できます。