レザーコートの部分汚れ 革用消しゴムで丁寧に消す映像でわかる 冬物のお手入れ(4)

2019/2/22

寒い冬の空気から身を守ってくれたアウターや小物を長持ちさせるためには、普段からのお手入れが大切です。目立つ汚れなどはクリーニング店に任せるとして、ちょっとした日々のメンテナンスに挑戦してみませんか。プロにコツを聞き、実際にやってみました。4回シリーズの最終回はレザーコート編です。

<<(3)ふっくらダウンを取り戻す裏技 乾燥機で湿気飛ばす
(1)マフラーはこうしまう ハンガー2本で「M字」陰干し >>




レザーコートのお手入れの基本は、ほかの素材と同様にホコリのたまりやすい縫い目部分を中心にブラッシングすることです。

ただし、レザーならではのお手入れもあります。それは、革用消しゴムを使うこと。部分的な汚れは、革用消しゴムで取れます。消しゴムで丁寧にこすった後は、指の腹で革をなじませてください。それでも汚れが気になる場合は迷わずクリーニングへ。

雨などにぬれてしまった場合は、タオルで押さえるようにして拭き取ります。傷がつく場合があるので、強くこすらないようにしてください。月に1回程度の防水スプレーが効果的です。

監修:カミヤクリーニング 神谷知伯 衣装:シップス、ヴァルディターロ、ルイジボレッリ、ニッキー(以上シップス銀座店)

=この項おわり

<<(3)ふっくらダウンを取り戻す裏技 乾燥機で湿気飛ばす
(1)マフラーはこうしまう ハンガー2本で「M字」陰干し >>

「How to」記事一覧

SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram