プリペイドカードの使い方 還元率向上し家計管理にもファイナンシャルプランナー 風呂内亜矢

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

決済サービスを提供するLINE Pay(ラインペイ)が、2019年中にVisaと提携して新しいクレジットカードを発行すると発表しました。初年度は年会費無料で還元率3%など、現在発表されている内容だけみてもメインカードに据えたいくらいの仕様になってはいますが、今回は今一度、既存で発行されているプリペイドカードについて、他社のプリペイドカードも含めて考えてみたいと思います。

前払いのプリペイドの方が家計管理はしやすい

LINE Payの新カードは”クレジット”カードですが、既にJCBブランドで発行している”プリペイド”カードがあります。

現在、LINE Payに限らず、楽天銀行プリペイドカード、ゆうちょ銀行のmijica(ミヂカ) Visaデビットカード(プリペイド機能付き)、NTTドコモのdカードプリペイドなど、国際ブランドと提携したプリペイドカードがたくさん選べる状況になっています。

VisaやMasterCard、JCBなどの国際ブランドによるプリペイドカードであれば、同ブランドのクレジットカードが利用できる店舗ではおおむね使うことができます。

しかも、先にお金を入れて使うため、使いすぎを防ぐことができる可能性が高まります。例えば、封筒などで袋分けして予算管理をしている家庭では、給料日に封筒に入れていた金額を、プリペイドカードにチャージをして使い、アプリなどで残高を確認しながら利用する、といった運用が考えられます。

クレジットカードのような使える範囲の広さと、現金のような予算管理のしやすさを両立できる魅力的な決済手段の一つといえます。

キャッシュレスによる決済というと、以前はクレジットカードや電子マネーくらいしか選択肢がありませんでした。現在は種類が多すぎて混乱するという側面もあるものの、自分にとってちょうどよい選択肢が見つけられるかもしれない、チャンスのときとみることもできます。

プリペイドカードの還元率、クレジットカードに劣る?

一般的にはクレジットカードの還元率0.5~1%程度に比べると、プリペイドカードの還元率は低い傾向にあります。しかし、選ぶカードや利用頻度、店舗との組み合わせによってはクレジットカード以上に還元率が高くなることもあります。

例えば、冒頭のLINE Pay カード(JCBのプリペイドカード)だと、ひと月の決済額に応じて還元率が0.5%から2%と4段階に変わります。ひと月の決済額が10万円以上になる人であれば、どこで使っても還元率が2%となるため、一般的なクレジットカードの還元率を上回ります。さらに、プリペイドカードの残高はQRコードやバーコードなどの決済方法でも利用でき、コード決済を使った場合は還元率が3%上乗せされます(最大5%還元、7月31日まで)。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし