powered by 大人のレストランガイド

えっ!鶏肉にチョコレート? メキシコの魅惑のソース

鶏肉に甘くないチョコレートソースをかけたモレ・デ・ポジョ
鶏肉に甘くないチョコレートソースをかけたモレ・デ・ポジョ

「チョコレート」といえば甘いお菓子の代名詞のようなもの。しかし、メキシコには「モレ・デ・ポジョ」とか「ポジョ・コン・モレ」と呼ばれる、鶏肉に甘くないチョコレートソースをかけて食べる料理がある。

「えっ! 鶏肉にチョコレート!?」と最初はかなり違和感を抱くのだが、食べてみるとホロ苦さがなんともいえずクセになる不思議な味だ。

「モレ」とはメキシコ料理で「ソース」のことを指す。北米やメキシコの先住民の間でもっとも広く話されていた「ナワトル語」で「ソース」を意味する「molli」「mulli」から来ている。トルティーヤ・チップスにつけて食べるアボカドのペーストを「ワカモレ」と呼ぶが、その「モレ」と語源は一緒である。

モレにはいろいろな種類があり、チョコレートが入ったものは「モレネグロ」とか「モレ・ポブラーノ」と呼ばれる。ネグロはスペイン語で「黒」、ポブラーノは「プエブラ州の」という意味。

もともとはこの地域の伝統的な料理だったが、今ではメキシコ全土や米国にも知られている。そして、「モレ」といえば、一般的にはチョコレート入りのモレネグロを指す。

「ポジョ」(人によってはポヨと発音)はスペイン語で鶏肉のこと。「デ」は英語でいうところの「of」、「コン」は「with」の意味なので、「モレ・デ・ポジョ」「ポジョ・コン・モレ」は「鶏肉のチョコレートソース」とか「鶏肉のチョコレートソース添え」ということになる。

このモレはメキシコ人にとってどうやら特別な存在のもののようだ。それを知ったのはメキシコのカンクンに行ったときのこと。メキシコ料理といえばトウモロコシの粉をクレープ状に焼いたものに肉やシーフードや野菜をはさんだ「タコス」が有名だ。しかし、ガイドブックによれば、メキシコ料理にはほかにもおいしいものがたくさんあり、「モレ・デ・ポジョ」もそのひとつということだった。

チョコレートが入ったソースだという説明を読んで若干引いたものの、レストランで注文してみることにした。メニューも見ずに「モレ・デ・ポジョを食べたいんですが、ありますか?」と言うと、店の人の目が輝いた。「よくぞ聞いてくれました!」といわんばかりである。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド