中古住宅を賢く売る 査定高い仲介業者には注意を実勢相場、国交省のサイトなどで検索

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

ある土曜の朝。新聞の折り込みチラシを見ていた良男が「あっ、これウチのご近所だよね」と声を上げました。トーストにバターを塗っていた満も「そうだね。僕も見たことある」と興味津々の様子です。幸子はジャム瓶のふたを開けているところです。

筧(かけい)家の家族構成
筧幸子(48)良男の妻。ファイナンシャルプランナーの資格を持つ。
筧良男(52)機械メーカー勤務。家計や資産運用は基本的に妻任せ。
筧恵(25)娘。旅行会社に勤める社会人3年目。
筧満(15)息子。投資を勉強しながらジュニアNISAで運用中。

筧幸子 春の新生活に向けて中古住宅の売買が活発になってるわね。都市部の人気エリアは新築の価格が高止まりしているから、予算の関係で中古を探している人は多いの。首都圏の2018年の中古マンションの売買成約件数は、10年前に比べて3割ほど増えているわ。

筧良男 チラシの家は4980万円だって。ウチもそのくらいで売れるのかな?

幸子 それは売り主が希望する価格だから、その価格で売れるとは限らないの。実勢相場が知りたければ、国土交通省の「不動産の取引価格情報提供制度」、不動産関連の公益法人の「レインズ・マーケット・インフォメーション」というサイトがあって、それぞれ物件が特定されない範囲で取引価格を掲載しているわ。

筧満 でも、同じ大きさのトーストだって焼き具合に好みがあったり、端っこで耳がたくさん付いているとかみ応えがあったりするよね。その上にのせるものも、バターとかジャムとかいろいろ。うすく塗ったり、たっぷりのせたりで味も変わるよ。

良男 満が言いたいのはつまり……同じ大きさの土地でも日当たりや地盤の固さには違いがある。その上に建っているものも洋風から和風までいろいろで、間取りによって住み心地も変わる、ってことだな。

幸子 ……。だから、家を売るにはまず、不動産仲介会社に査定してもらうの。最近はインターネット経由でいくつかの不動産会社に一括して査定を依頼できるサービスがあるわ。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし